映画『ダイ・ハード3』は面白い?感想と動画配信サイトで無料で見る方法

洋画(海外映画)

ダイ・ハードシリーズの第3作目となる「ダイ・ハード3」は、これまでとは違ったダイ・ハードが楽しめると映画です。ダイ・ハードシリーズを見ていない人でもストーリーに入り込みやすく、手に汗握る展開が楽しめます。そんなダイ・ハード3は、どんな内容で話が展開しているのか興味がある人もたくさんいるでしょう。

また、無料で配信している動画配信サイトがあれば知りたいという人も多いようです。そこで、ダイ・ハード3のあらすじや感想を紹介し、ダイ・ハード3の魅力をたっぷりとお伝えしましょう。さらに、無料で楽しめる動画配信サイトについても説明します。

↓↓Huluで2週間無料!↓↓

ダイハード3をHuluで見てみる

ダイ・ハード3ってどんな映画なの?

これまでと違う!全く新しいダイ・ハード

これまでのダイ・ハードシーリーズは、「クリスマス」に「偶然」の事件が起こるという展開でした。3作目を撮影するにあたり、ジョン・マクティアナン監督は3回目の「クリスマス」の「偶然」にするのか、大きな決断を迫られます。

続編映画は違う監督に、違うカラーで撮らせるという製作方式をとっているダイ・ハードシリーズで、第1作で監督を務めたジョン・マクティアナンに期待されたのは、これまでのダイ・ハードをこえる作品でした。2作目を担当したレニー・ハーリンは、ダイ・ハードの「修整」を求められています。

それに対して、3作目のジョン・マクティアナンは人間として対立する「姿勢」がテーマだったのです。そのなかで、ジョン・マクティアナンは、これまでのダイ・ハードシリーズになかった「新しさ」に挑戦しています。ダイ・ハード3でも、不死身で運の悪い男が爆発に巻き込まれて決め台詞を言うというお決まりのスタイルを引き継ぎました。しかし、2作目の姿勢を尊敬しながらリアリズムを復活させたのです。

そのなかで見せた新しさは、クリスマスイブの設定を取り払ったことにあります。ダイ・ハード3で、もし、クリスマスイブの設定を続けていたのなら、観客は飽きを感じていたかもしれません。これまでになかった夏のジョン・マクレーンが見られることで、新しさを感じさせてくれます。

さらに、ダイ・ハード3ではリアリズムを追い求めているのも特徴です。「ダイ・ハードが実際に起こったらどうなるか」といった点に注目し、突然災難に巻き込まれる偶然を、リアルなものとして表現しています。

これが本物の爆発!

ダイ・ハード3では、朝のニューヨークでデパートが突然爆発します。爆発は、ダイ・ハードシリーズでは恒例のシーンであり、爆発させることでダイ・ハードブランドを確立しているのです。ただ、シリーズの1作目での「爆発」は映画界に大きな影響を与えました。

その結果、映画界に爆発競争が起こってしまいました。アクション映画において爆発が当たり前となり、その爆発もCGによってより過激なものになりました。CG技術の進歩により、地球の爆発までも現実かと錯覚させるような映像が作り出せるようにもなったのです。その一方で、観客は爆発を見ても大きな感動は感じなくなってしまいました。

そんな観客の度肝を抜いたのが、ダイ・ハード3のデパートの爆発シーンです。この爆発は、本物の狂気にこだわって演出されました。爆発すればそれでいいのか、といった点に注目し、ダイ・ハードブランドの「爆発」を見事に成功させています。

爆発で映画界の最先端を突っ走ったプライドをかけ、ダイ・ハード3ではCGではなく「本物」のデパートを実際に爆発させているのです。さらに、最先端DTSデジタルサラウンドの技術も駆使することによって、大きな衝撃を世界に与えています。ダイ・ハードブランドのすごさが感じられる作品です。

幻のエンディングがある!

ダイ・ハード3の劇場公開版のエンディングは、ジョンたちが爆弾が仕掛けられた船から脱出し、サイモンの率いるテロリスト集団を見つけ出すという展開です。しかし、このエンディングにはもう1パターンの案がありました。

それは、サイモンたちに逃げられて終わるというものです。当初は、その予定で撮影がすすめられていましたので、そのシーンの撮影もしています。しかしながら、逃げられることの後味の悪さにプロデューサーは納得しませんでした。そのため、現在のエンディングが採用されたのです。

この幻のエンディングは、DVD「アルティメットエディション」やBlu-ray通常版の映像特典で見ることができます。また、小説版でも別バーションの結末が用意されているのです。どのエンディングがダイ・ハード3らしいかというのは、個人の価値観でもあるでしょう。ただ、動画配信でどちらが好きかというのを考えながら見るのも、楽しみかたのひとつです。

この3つは要チェック!ダイ・ハード3の知っておくべきポイント

おすすめポイント1:変更されたストーリー

ダイ・ハードシリーズには、数々のお約束が登場します。前作までは主人公の妻や黒人警官、TVレポーターといったお決まりの登場人物までもが用意されていました。そうすることで、シリーズの続編であることが強調されていたのです。しかしながら、ダイ・ハード3ではそういったお約束が一切登場しません。

というのも、ストーリーの変更を余儀なくされてしまったからです。当初の予定ではダイ・ハード3の舞台は「海の上」になるはずでした。クリスマスイブに豪華客船で休暇を楽しんでいたところに、テロリストたちが現れてシージャックされてしまうのです。

巨大な船の中で壮絶な銃撃戦が繰り広げられ、機関部には大量の爆弾が設置されます。そんなピンチでもジョンは船の上の大量の人質を救出し、テロリストを撃退するといった内容でした。海洋アクションをイメージしてシナリオは進められ、これまでのダイ・ハードシリーズのお決まりも守られていたのです。

ところが、製作段階でスティーブン・セガール『沈黙の戦艦』が公開されました。非常に斬新なストーリー展開の『沈黙の戦艦』は、ダイ・ハード3の初期コンセプトに酷似していたのです。似たようなストーリーを次に発表しても斬新さはありません。

そのため、シナリオの変更が決まりました。しかしながら、新しいストーリーはなかなかまとまりませんでした。3作目を成功させるには、人気だった1作目や2作目をこえるほどのアイデアが必要でした。

ジョン・マクティアナン監督は必死にあたらしいアイデアを模索しましたが、そう簡単にうまくはいきません。そこで、ジョナサン・ヘンズリー『Simon Says』という脚本に白羽の矢が当たったのです。『Simon Says』はダイ・ハードとは全く関係のない脚本でした。

それをマクレーン刑事のドラマに書き換えることで、強引にダイ・ハード3へと変換したのです。新鋭の脚本家として注目を集めていたジョナサン・ヘンズリーは、たったの11日間で、脚本をダイ・ハード3へと書き換えました。

おすすめポイント2:本物の連邦準備銀行で行われた撮影

ダイ・ハード3で、爆弾魔のサイモンが狙うのは連邦準備銀行の金塊です。このシーンを撮影するにあたり、撮影スタッフの間でも本物の銀行での撮影は不可能だろうと考えられていました。しかしながら、連邦準備銀行に問い合わせてみたところ、外観の撮影は簡単に許可されたのです。

というのも、銀行側には警備に関して絶対の自信があったからです。そのため、映画のような事態は起こりえないと判断され、撮影が許可されました。

また、映画では銀行の側に公園が見えますが、実際には公園はありません。この公園は、プロダクション・デザイナーを担当したジャクソン・デ・ゴヴィアが、空き地に植木などを持ち込み、架空の公園を作りあげたものです。さらに、ジャクソン・デ・ゴヴィアはビルの壁画も担当しています。この壁画は好評だったため、撮影が終わった後もそのままの状態で残されました。

おすすめポイント3:コンピューター制御を駆使

ダイ・ハード3ではウォール・ストリート駅構内に入ってきた車両が爆発によって脱線するシーンが描かれています。脱線した車両は通勤客のいるプラットフォームへと突っ込み、大参事を招くのです。そんな迫力のあるシーンは、南カロライナ州にある工場跡にセットを作って撮影されています。

450mもの線路を運び込んで作られたセットを用意し、ニューヨーク市運輸局から購入した本物の地下鉄車両を走らせました。

電車の速度や車両が乗りあげる時間、さらには、乗り上げて止まるまでの時間といった全てのタイミングにおいて、コンピューターでプログラムされていたのです。研究に研究を重ねて生み出されたタイミングは、完璧なまでにリアルな脱線を再現したのです。コンピューター制御を駆使することによって、見事なリアリティを生み出しています。

こんな人が楽しめる!ダイ・ハード3にぴったりのタイプはコレ

スリル満点のカーチェイスが好きな人

ダイ・ハード3では、南北4km、東西800mといった広さを持つセントラル・パークでのカーチェイスを敢行しています。これまでいくつもの映画がセントラル・パークで撮影されてきましたが、これほどまでに激しいカーアクションをセントラル・パークで行ったのは、ダイ・ハード3が初めてです。

セントラル・パークは市民の憩いの場として使用されていますので、園内にはジョギングやサイクリング、インラインスケートを楽しんでいる人が大勢います。その中に猛スピードでタクシーが突っ込んでくるのです。

もちろん、このシーンに登場する一般市民は訓練されたスタントマンが担当しています。さらに、このシーンに登場するタクシーも、過激なアクションをこなすために特別に改造された車両が使われました。運転席はトランクの内部に作られ、役者の演技とカーチェイスを同時に撮影できる仕様です。

その他にも、ハンドルを握るマクレーン刑事の右隣にカメラが設置されています。このカメラによって、タクシーに同乗している気分で映画が楽しめるのです。こういった工夫が凝らされ、臨場感あふれるカーチェイスシーンが作りあげられました。

爆発する派手なアクションが好きな人

ダイ・ハード3のオープニングは、マンハッタンの街に朝が来る穏やかな光景から始まります。美しい景色を眺めていると絶妙なタイミングでビルが爆発します。アクション映画での爆発シーンは、アップで撮影するのが通常です。しかし、ダイ・ハード3ではわざとロングで撮影することで、日常が壊れる瞬間をリアルに表現しています。

この爆発シーンの撮影には、7台ものカメラが設置されました。また、爆破するビルには20人ものスタッフがスタンバイしていたのです。リアリティを高めるため、ビルからわずか1.5mの位置に通行人役のスタントマンまで配置しました。スタントマンの安全を守るため、洋服の下にスポンジを貼り付け、何度もリハーサルを重ねて撮影に挑んでいます。

映画の中で爆弾が仕掛けられたのは、ニューヨーク5番街56丁目のトランプタワー内に実在するポンウィット・テラーという名の高級店でした。しかし、実際には下町に近い6番街のビルをデパートに見たてて撮影が行われています。

このビルには、1軒だけ陶器を扱うお店が営業をしていました。しかし、入念に準備をしたため、破損することなく撮影は終了しています。このように、非常に迫力のある本物のビルの爆発シーンが見られるダイ・ハード3は、派手なアクションが好きな人にぴったりの動画です。

クイズの好きな人

ダイ・ハード3は、テロリストのサイモンがジョン・マクレーン警部補と黒人のゼウスに次々とクイズを出して翻弄します。サイモンは、ダイ・ハードの第1作目でジョンに殺されたテロリストグループのリーダーである、ハンス・グルーバーの兄です。

そのため、弟の恨みを晴らすべくマクレーンを指名して無理難題を吹っ掛けるのです。クイズが不正解というだけでなく、指定の時間に遅れても爆弾が爆発されるという設定で手に焦る展開が続きます。

そんなクイズの中には、噴水の水を止めるために正確に4ガロンの水をくみ、爆弾のはかりにのせるといったものがあります。このクイズでは、使えるボトルは3ガロンと5ガロンの2種類でした。目分量で検討するという方法は、正確ではないので受け入れられません。そんな難題が就きつけられるダイ・ハード3は、クイズが好きな人が楽しめる映画です。

このクイズに正解は、まず、5ガロンのボトルに水を満杯入れ、5ガロンのボトルから3ガロンのボトルに満杯に水を注ぎます。すると、5ガロンのボトルには水が2ガロン残るのです。

3ガロンのボトルの水を捨て、5ガロンのボトルに残った2ガロンの水を3ガロンのボトルに移します。そうなると、3ガロンのボトルにはあと1ガロン入れられる空きができます。さらに、5ガロンの水を満杯入れ、それを3ガロンのボトルが満杯になるように移します。そうすることで、5ガロンのボトルには4ガロンの水が入るのです。

無料で見られる?ダイ・ハード3の動画をお得に見る方法

サービス 配信
Hulu 〇 2週間動画配信無料
U-NEXT 〇 31日間動画配信無料
Netflix ×
ビデオマーケット 〇 初月動画配信無料
フジテレビオンデマンド 〇 1カ月動画配信無料
dTV 〇 31日間動画配信無料

dアニメ ×
auビデオパス 〇 30日間動画配信無料
Amazonプライムビデオ 〇 30日間動画配信無料
Paravi ×

↓↓Huluで2週間無料!↓↓

ダイハード3をHuluで見てみる

ネタバレ注意!ダイ・ハード3のあらすじ

ダイ・ハード3は非常にスリリングなストーリーが魅力です。ここからは、あらすじを詳しく紹介していきましょう。このあらすじには、ネタバレも含んでいますので、動画でラストを知りたい人は注意してください。

サイモンの登場

ニューヨーク市警に、サイモンと名乗る男から爆破予告の電話がかかってきます。その電話でサイモンは、爆発を止めたければ命令ゲームに応じることを求めました。そして、警部補のジョン・マクレーンを指名したのです。

そのとき、ジョンは妻と別居し停職中でした。しかし、上司のウォルター警部に呼び出され、サイモンの命令に従うことになります。最初の命令は、黒人街で「黒人は嫌いだ」と書かれた看板を背負うことでした。ジョンは黒人の若者達に襲われますが、向かいの家電修理店の店主ゼウスに助けられます。

その後、サイモンは再び警察に電話をしてきます。そして、ジョンとゼウスに謎解きに挑戦することを命令するのです。指定された公衆電話につくと、サイモンは電話の下に爆弾を仕掛けたと伝えます。

そして2人に問題を出しました。この爆弾は偽物でしたが、次の爆弾は本物です。サイモンは、本物の爆弾を地下鉄の車両に仕掛けたのでした。爆発まではあと30分しかありません。2人は急いでウォール街の公衆電話にたどり着き、問題を解かなければなりません。

ウォール街駅の爆発

ジョンとゼウスは大急ぎでウォール街駅へと向かいます。途中で二手に分かれることになり、ジョンは爆弾の解除、ゼウスはウォール街駅の公衆電話を担当します。ゼウスが公衆電話にたどり着いたとき、その電話は使用中だったのです。そのため、ゼウスは男から公衆電話を奪おうとしました。そこで、駅の警備員に銃を突きつけられてしまい、受話器を受け取るのが遅くなってしまいます。

間に合わなかったことで、ゼウスは爆発を予期してしゃがみこんでしまいました。しかし、ジョンは乗客を前の車両に避難させることに成功し、爆弾を列車の後ろから放り投げたのです。ジョンの活躍で、人的被害は最小限におさえられました。爆弾事件の捜査にはFBIとCIAが参加し、サイモンの正体を突き止めます。

サイモンは、かつてジョンと戦って転落死した、テロリストのハンス・グルーバーの兄でした。そのころ、サイモンから電話がかかり、次の爆破標的がニューヨーク市内の小学校のうちの1つだと告げられます。

ジョンとゼウスは2人でトムキンス公園に向かい、小学校の爆弾探しは警察に任せることになりました。ウォール街には小学校がないため、全ての警察がウォール街から離れます。そんなとき、ダンプカーが最初の爆発によって破損したウォール街駅の修復にやってきました。しかし、ダンプカーに乗っていたのはサイモンのテロリスト集団だったのです。サイモンは連邦準備銀行を乗っ取り、1400億ドルもの金塊を盗み出しました。

小学校が爆破されてしまうのか

公園に着いたジョンとゼウスは、用意された問題を解きました。そこで、小学校は「第21代アメリカ大統領」が関係していることがわかります。そのとき、2人はウォール街に警官がいないことに気が付くのです。

そして、サイモンの真の狙いは金塊を盗み出すことだったと知ります。ジョンは、工事中の男性に車に乗せてもらって移動することにしました。工事の男性から偶然第21代大統領がアーサーだということを聞き、チェスター・A・アーサー小学校へと急行します。

それに気づいたサイモンは、地下道を爆破してジョンを溺れさせようとします。何とか脱出したジョンはゼウスが運転する車に合流を果たしたのです。しかし、爆破場所を聞かされたゼウスは絶望的な表情を浮かべます。というのも、その小学校がゼウスの甥たちが通っていたからです。先に学校に着いたウォルター警部らは、子供達を避難させました。ところが、ゼウスの甥たちはこっそり教室に残っていたのです。

警察は死ぬ覚悟で爆弾を解除しましたが、爆弾は偽物でした。これもサイモンの仕掛けたおとりだったのです。ジョンとゼウスはサイモン達の船に飛び乗りますが、捕まってしまいます。本物の爆弾はこの船に仕掛けられていたのでした。捕まった2人は爆弾の近くにしばりつけられてしまいます。そして、サイモンは、金塊とジョン達を船と一緒に 沈めるという内容の犯行声明を出し、船を去っていきました。

全てはアスピリンが教えてくれる※ネタバレ注意

船に残されたゼウスは、ワイヤーでジョンの手錠を外します。しかし、ワイヤーを落としてしまうのです。ジョンの銃でゼウスの手錠も何とか外したものの、爆弾は重さが変わると爆発するようにセッティングされていました。2人が爆弾から飛び降りた瞬間に爆弾が作動します。船は海底に沈みましたが、2人は何とか脱出に成功します。

サイモンが「金塊を沈める」と言ったのを、ジョンは信じてはいませんでした。そんなとき、ゼウスがジョンに妻に電話をするように仕向けます。死んでしまう前に妻と話しておくべきだと思ったジョンは、電話をつないでもらいました。そのとき、サイモンからもらったアスピリンの瓶に座標が書かれていることに気が付きます。ジョンは妻が電話に出る前に公衆電話から離れてしまいます。

自分たちの勝利を確信していたサイモン達は、祝杯を挙げています。そこへ警察のヘリコプターが現れました。サイモンは自分のヘリコプターに飛び乗り、逃走を図ります。ジョンの乗ったヘリコプターは不時着してしまうものの、相手の注意をそらしてサイモンのヘリコプターを墜落させます。

そして、サイモンに勝利したジョンは、肩をなでおろします。その瞬間、妻に電話をかけていた途中だったことを思い出したのです。ジョンは慌てて妻に電話をかけるのでした。

ダイ・ハード3といえばこの人!主な登場人物とキャスト

ダイ・ハード3には、お決まりのキャストから新しい顔ぶれまで、さまざまな登場人物が出演します。動画では、それぞれの登場人物のキャラクターに注目しながら見るのがいいでしょう。

【ジョン・マクレーン役】 ブルース・ウィリス(Bruce Willis)

大事件に巻き込まれてしまう、不運なNY市警警部補がジョン・マクレーンです。妻とはけんかの末に別居をしています。その寂しさから酒に溺れてしまい、停職中でした。そんなとき、爆弾魔のサイモンから指名され、事件解決にむけたクイズに正解するために走り回ります。

【ゼウス・カーバー役】 サミュエル・L・ジャクソン(Samuel L. Jackson)

ゼウス・カーバーは、ハーレムで家電修理店を営んでいます。ジョンを助けたことをきっかけに、ジョンの相棒となり、事件の解決に向けて奔走します。冷静で頭のいいゼウス・カーバーは、サイモンのクイズを次々に解いていくのです。

【サイモン・ピーター・グルーバー役】 ジェレミー・アイアンズ(Jeremy Irons)

テロリストのリーダーであるサイモン・ピーター・グルーバーは、第1作で命を落としたテロリスト「ハンス」の兄です。そのため、ジョンに恨みを持っています。ニューヨーク市内に爆弾を仕掛け、ジョンや警察を混乱させます。しかし、彼の本当の目的は連邦準備銀行の金塊強奪でした。

ここもチェック!ダイ・ハード3の作品情報

原題:Die Hard: With a Vengeance

公開年:1995年

製作総指揮:アンドリュー・G・ヴァイナ、バズ・フェイトシャンズ、ロバート・ローレンス、ロバート・レマー

監督:ジョン・マクティアナン

脚本:ジョナサン・ヘンズリー