映画『テッド2』は面白い?感想と動画配信サイトで無料で見る方法

洋画(海外映画)

映画を大きな画面で見ると迫力もあり、集中できるので好きだという人もいるのではないでしょうか。映画館は、椅子なども長時間座っても負担がかかりにくいように工夫されています。そのため、ゆっくりと内容に集中することができるのです。しかし、シアタールームなどがない限り、それを家で楽しむのは難しいですよね。

そこで、便利なものとしてあげられるのが、無料で見ることができる動画の配信サイト。自宅で好きなときに、好きな番組や映画などを見ることが可能となるのはメリットです。この記事では、面白いと非常に人気が高い「テッド2」の感想やさまざまある動画の配信サイトで無料視聴できるかなどについて紹介します。

テッド2を見てみる

あの愛すべき中年テディベアの続編!映画「テッド2」

映画「テッド2」は、2013年に公開された「テッド」の続編です。ちなみに、「テッド2」の公開日は、2015年8月28日。前作が世界的な大ヒットとなったこの映画は、セス・マクファーレン氏が引き続き、監督としてメガホンをとっています。マクファーレン監督はテレビアニメの作者であり、声優やコメディアン・俳優などの経験があるマルチな才能を持っている人物です。前作でも今作でも、テッドの声も担当しています。

主演は、前回に続いてマーク・ウォルバーグ。テッドの愛すべき相棒ジョン役を演じています。また、新ヒロインとしてアマンダ・サイフリッド、弁護士役としてベテラン名俳優のモーガン・フリーマンも登場。豪華キャストとなっているのも、大ヒットとなっている理由の1つです。動画で「テッド2」を見るときには、前作との登場人物の違いにも注目してみると楽しめるでしょう。

前作ではジョンが恋人のローリーと結婚しましたが、ローリー役だったミラ・クニスが産休をとっていたので、新たなヒロインとして登場したのがアマンダ演じるサマンサです。ローリーとはまた違った、サマンサのハチャメチャぶりも注目してほしいところとなっています。テッド夫妻だけではなく、脇で始まるサマンサとジョンの恋の行方もドキドキを味わえるでしょう。

テッドはテディベアつまり熊のぬいぐるみでありながら、人間の言葉を話し、ジョンと共に年齢相応の行動をとります。予告などでは「中年テディベア」と表現されており、一般的にテディベアに感じるふんわりとした優しいイメージとはかけ離れた存在がテッドなのです。ストーリー中には、彼ならではのブラックジョークや下ネタなどがどんどん出てくるのが特徴となっています。

周りの目が気になる人でも、自宅などでいつでも見られる動画であれば安心ですよね。ロー・ファンタジーコメディ映画なので、友達と一緒に見るのもおすすめです。

また、この映画に関してはR15指定になっているため、15歳以下の子どもは見ることができません。しかし、映画ではその年齢に達するまで待てない子ども向けにと、「大人になるまで待てない! バージョン」という特別編がファミリー向けに公開されました。こちらはPG12指定で、一部の劇場でのみ公開されたものです。

「テッド2」がR指定になっている理由は子ども向けではない内容が盛りだくさん出てくるからですが、違う表現をすれば、この映画を見ることでアメリカのことやアメリカ人について、いろいろと知ることができるということでもあります。

ドラッグが日常生活の中で意外と簡単に手に入れられてしまう社会、弁護士が活躍する場面が非常に多い国であること、ダーティーワードと呼ばれる口にするべきではない汚い言葉があることなどは、ほんの一部です。弁護士は、本来、そういったドラッグや汚い言葉とは正反対の位置にいるべき存在でしょう。

ところが、「テッド2」では違います。ヒロインのサマンサは弁護士でありながらドラッグを嗜んだ経験があり、パーティースクールの出身です。パーティースクールとは、勉強をほとんどせずにパーティーばかりして遊んでいる大学生が集まる大学のことをいいます。そして、そのパーティースクールの中ではドラッグが出回り、お酒やタバコなども出てくることが珍しくないのです。

第一印象では真面目でお堅いイメージがある弁護士であっても、裏を返せばサマンサはテッドやジョンと共通の部分がたくさんあります。そんな3人が出会ってしまったら、後はどうなるのか、想像しやすいのではないでしょうか。

劇場で見損ねた人は、この機会に「テッド2」の奥深い世界をのぞいてみるのもおすすめです。落ち込んだ日、ネガティブにしか考えられない日、寂しいと感じる日など気持ちが沈んでしまった日には、この映画を動画で見て、笑い転げてみましょう。それを可能にするだけの魅力が、映画「テッド2」にはあります。

「テッド2」ではこの3つがおすすめポイント

映画「テッド2」を動画で見るときには、これから紹介する3つのおすすめポイントに注目をすると、より楽しめます。

おすすめポイント1:ダーティーワードもテッドにかかれば面白くなる

「テッド2」を制作したアメリカには、「セブン・ダーティー・ワーズ」といわれている、誰かと会話するときに言うべきではない7つの言葉があります。一般的には、そういった言葉はなるべく避けて、言わないようにするのがマナー。言う機会があるとしたら、誰かと大喧嘩したときくらいでしょう。そんなマナー的に問題ありな言葉が、「テッド2」の世界では当たり前のように出てくるのです。

たとえば、子どもが欲しいのに人権問題でつまづいたテッドに、ジョンが「そんなときこそ、弁護士だ」とアドバイスするシーン。そんな重要なシーンでも、「セブン・ダーティー・ワーズ」の代表的なFワードがしっかりセリフに入っているのです。しかも、テッドやジョンの魅力にかかれば、そういったダーティーワードもあまり不快に感じないというのが、この映画の最大の面白さでもあります。

おすすめポイント2:豪華なカメオ出演者

「テッド2」にはモーガン・フリーマンが弁護士役として出演していますが、カメオ出演の面々が非常に豪華なのもおすすめのポイントです。ベテラン有名俳優のリーアム・ニーソンは、テッドの勤めるスーパーにシリアルを買いに来た男役として出てきます。また、アメリカンフットボールの人気選手トム・ブレイディは本人役として、テッドが子どもを作るための父親候補に選ばれるという役柄。

その他にも、いろいろな場面でカメオ出演した有名人が出てきます。誰がどの場面で登場しているのか、探してみるのも面白いのではないでしょうか。

さらに、スタートレックを知っている人ならば、1度は「テッド2」を見てみたいといわれています。これは、この映画にカメオ出演している人物の中に、スタートレックのキラ・ネリスナナ・ヴィジターやクリンゴン人士官ウォーフ役のマイケル・ドーンなどがいるからです。彼らがどんな役として出ているか、見つけてみましょう。

さらに、テッドの裁判はテレビ番組でも取り上げられており、その番組の司会者として、実際にいる人気司会者ジミー・キンメルが登場しています。テッドの裁判の再現VTRを演じたのは、人気コメディバラエディ番組サタデー・ナイト・ライブのメンバーでした。

おすすめポイント3:パロディ映画のネタが満載

「テッド2」には、実際にある映画のパロディネタがいろいろと出てきます。リーアム・ニーソンは、テッドの働くスーパーにシリアルを購入するために来た役でした。彼は、「96時間」というドラマに出演している俳優そっくりな男性役。「96時間」は、言わずと知れたリーアムが演じている実在するアクションドラマです。そのため、シリアルを購入する際にも、テッドにこのシリアルを買ってもトラブルが起きることはないだろうなと確認をしています。

他にもヒロイン・サマンサの目がとても大きいということを表現するために、映画「ロード・オブ・ザ・リング」に出てくるゴラムに似ていると何度も出てきます。もちろんジョークとして言っているわけですが、何度も出てくる言葉ですから、映画の中で何度言っているか、数えてみるのも面白いかもしれませんね。

そのサマンサは弁護士でありながらドラッグを吸引するなど、ジョンやテッドと気が合う一面もある女性です。3人で車で移動した先にはマリファナ農場がありました。農場を見つけたときのシーンは、実は映画「ジュラシック・パーク」初めて恐竜を見たシーンのパロディになっています。

映画の中で流されている曲についても、実際の映画で使われた曲が流されるなどさまざまな場面でパロディに気づくことができるのです。たとえば、テッドがジョンに子どもが欲しいと告げる前に歌っていた曲は、法廷ドラマとして有名な「ロー&オーダー」のオープニングテーマを替え歌にしたものでした。

「テッド2」はこんな人におすすめ

動画で「テッド2」をおすすめする人は、こんな人です。

男同士の友情ものが好きな人

「テッド」に引き続き、「テッド2」も主人公であるテッド、そしてその親友ジョンの幼い頃からの友情・絆を感じることができるストーリーとなっています。ときにはケンカもしますが、この2人はどんなことがあろうと相手の味方になり、自分にできることをしようという関係です。

「ツーと言えばカー」という言葉が日本にはありますが、テッドとジョンはまさにその言葉が当てはまる親友同士だといえるでしょう。あまり上品とは言えない彼らが憎めないのは、口が悪くても根底に人を思いやる気持ちを感じるからです。

ジョンとテッドのような見返りを求めない真の友情は、残念ながら現実社会で得るのは非常に難しいことですよね。親友とはどういう存在なのか、絆とは?友情とは?と悩んだことがある人には、「テッド2」は気持ち的に入り込んで見ることができる動画になるでしょう。

何かをやりとげたいと望んでいる人

「テッド2」では、テッドが子どもを持ちたいと望み、それに伴って人間であると認めてもらう必要がありました。人権問題は、とても深い問題です。テッドの場合、ジョンの家へ来たときには普通のテディベアのぬいぐるみでしたが、ジョンの心が通じ、命をもった存在となりました。

そして、その後の30年以上の月日によって、彼はより人間らしい感情や行動をするようになったのです。しかし、一般社会ではそんなテッドの存在を簡単に認めるわけにはいかず、最初の裁判では敗訴します。

その後、やり手の弁護士を雇い、裁判を再び起こすわけですが、このモーガン・フリーマンが演じる弁護士の「世界を変える」という言葉は、とても印象に残るものです。テッドは、ジョンやサマンサ達弁護士の協力を得て、勝訴の確率がほぼ0%に近い状態から見事勝訴することに成功しました。

この映画を見ると、不可能かもしれないことでも、とにかく全力でやってみるという勇気を与えられます。諦めない不屈の精神は、どんなことをやるにしても大事なものなのです。

笑い転げてみたい人

「テッド2」といえば、なんといってもダーティーワードや下ネタ満載の、いわゆる一般的には「下品」といわれるような内容の映画です。しかし、この映画の場合、前作の「テッド」のときもそうでしたが、比較的その下品さでさえも受け入れている人が多いのです。テッドやジョンというキャラクターはなんとなく憎めない存在で、それがダーティーワードや下ネタであっても受け入れやすいというクッション材のような役割を果たしています。

しかも、ストーリー中にはこれまで公開されてきた映画の数々がパロディになって入り込んでおり、それに気づいたときには、より話の内容や彼らの言動が面白おかしく感じるでしょう。たとえば、パロディになっている映画のタイトルをいくつかあげてみますと、1985年の大ヒット映画「ブレックファスト・クラブ」や映画ではありませんが、アメリカの大ヒットテレビ番組「ルーツ」などがあります。

そして、ジョンとテッド、サマンサが一緒に行動するようになってからは、ジュラシックパークの1場面や「ロー&オーダー」のオープニングなども自然な感じで取り込まれているのです。

また、ストーリーの終わり頃になると、「ニューヨークコミコン」が開催されているシーンをたっぷりと楽しめます。さまざまなコスプレをした人々が登場し、それを見てみるだけでも楽しめます。ニューヨークコミコンも実際に毎年ニューヨークで開催されているイベントで、多くの有名な俳優やアーティストが参加しているのが特徴です。

アメリカのハリウッド俳優だけではなく、日本からもこのイベントに招待された俳優やアーティストが参加しています。イベントでは、テレビや映画の上映会やプレミアムイベントなどがあるため、多くのコスプレイヤーも「ニューヨークコミコン」に参加するのです。テッドやジョンは、このイベントの開催中に会場にまぎれこんでいます。

無料の動画配信サイトで「テッド2」を見ることは可能?

代表的な10の動画配信サイトで、「テッド2」を無料で視聴できるのかを調べてみました。

サービス 配信
Hulu ×
U-NEXT ×
Netflix ×
ビデオマーケット ○(無料期間ありそれ以降は別途料金)
フジテレビオンデマンド ×
dTV ○(無料期間ありそれ以降は別途料金)
dアニメ ×
auビデオパス ○(無料期間ありそれ以降は別途料金)
Amazonプライムビデオ ○(無料期間ありそれ以降は別途料金)
Paravi ×

テッド2を見てみる

「テッド2」のあらすじはこんな感じ(ネタバレあり)

「テッド2」のあらすじ(ネタバレあり)は、こういったものです。動画を見る前に、簡単にあらすじについて理解しておくと、よりわかりやすく、ストーリーに入りこんでみることができます。

前作「テッド」で出会ったスーパーの店員タミ・リン・マッカファーティーと意気投合し、交際を始めたテッド。タミとの仲がどんどん深まり、とうとう「テッド2」では結婚式をあげるシーンからスタートします。多くの知人や友人を招待した教会での結婚式には、親友ジョンももちろん参加していました。

しかし、幸せにひたるテッドとは正反対で、ジョン自身は「テッド」ですったもんだのあげくにようやく結婚したローリーと離婚をする結果になっています。自分と真逆な性格で真面目なローリーのことを愛していたジョンでしたが、一緒にいても自分を抑えなければいけない場面も多く、結局離婚に至ってしまったのです。そんなジョンに、テッドは新しい彼女を作るようにとアドバイスします。

テッドの結婚式から1年。妻タミと幸せいっぱいかと思いきや、彼女が洋服に高額をかけていることが原因で、2人は住んでいるアパートの住民を巻き込んで大喧嘩をしてしまいました。それ以来、夫婦仲は冷めたものとなり、口もきかない日々を送ります。ところが、ある日、働いているスーパーの同僚から夫婦円満の秘訣は「子どもを作ること」とアドバイスを受けたテッドは、夫婦仲を改善するためにも子どもを作ることをタミに提案したのです。

しかし、ここで大きな問題が1つありました。テッドは人間のような心を宿しているとはいえ、体はテディベアつまりぬいぐるみです。そのため、実子を授かることはできません。代わりに精子を提供してくれるドナーが必要でした。そこで、最初に仲が良いサム・ジョーンズにドナーになってくれるように頼みますが、サムは長年ドラッグを使用したことが原因で精子は1匹しかいないと言われ、ドナーになるのを断られてしまいます。

次に精子を盗むことを思いつき、同じ父親を選ぶなら優秀な男が良いということで、有名なアメフト選手トム・ブレイディの屋敷に潜入しました。もちろん、気配を感じたトムにジョンは窓から投げ出され、テッドもぽいっと放り投げられてしまいます。トムに憧れるジョンは投げ飛ばされたにも関わらず、テッドを投げた彼の正確なパスに感動するのでした。

結局、ドナーは見つからず、親友ジョンに精子提供をしてもらうことになります。ジョンはテッドのためならと心よく引き受けてくれますが、訪れた精子バンクでテッドがふざけて投げた検体に滑ったジョンが棚を倒してしまいました。その棚にはたくさんの検体が並べてあったため、ジョンはこぼれた検体にまみれて無残な姿になります。結局、ジョンから精子を得るという方法も失敗に終わってしまったのです。

一方で、タミも困った状況になっていました。薬物使用が原因で不妊症になっていたからです。そこで、養子を受け入れることを考えます。ところが、住んでいるマサチューセッツ州からはテッドが人間ではないということで、養子を受け入れることは不可能であると判断されてしまいました。これが原因となり、それまで勤めていたスーパーからテッドは解雇され、タミとの婚姻まで破棄となります。

絶体絶命のピンチでしたが、ジョンの提案によってテッドはまだ26歳の若さで弁護士になっているサマンサの事務所を訪れたのです。しかし、若すぎるサマンサに不安を抱いたテッドは、会って数秒で依頼を断ることを伝えました。帰り際、薬の禁断症状で頭痛がひどかったサマンサがおもむろにドラッグを使用しだし、それを見たテッドとジョンはサマンサと気が合いそうだと依頼を決めます。

サマンサの提案で名字をクラバーラングと決めたテッドは満を持して裁判に挑みますが、結果は敗訴。これには、理由がありました。テッドの熱狂的なストーカーであるドニーが自分が働いている巨大おもちゃ会社「ハズブロ社」のCEOにテッドを捕らえて、生きたテディベアを量産することを提案したからだったのです。

CEOは、そのためにベテラン弁護士を雇って、テッドの裁判を邪魔したのでした。テッド達は悩んだあげくにベテラン弁護士パトリック・ミーアンに依頼することを決めますが、勝訴の可能性が低いことを理由にパトリック弁護士には断られてしまいます。その後、恋に落ちたジョンとサマンサの様子にいらだちを感じたテッドは2人とケンカし、飛び出しました。

たまたま開催されていたニューヨークコミコンにまぎれこんだテッドは、そこで宿敵ドニーに見つかり、捕らえられてしまいます。しかし、誘拐される前にジョンに連絡をしていたため、なんとか救出されたのでした。

この救出劇の中で、ジョンが意識不明の状態となって病院へ運ばれます。心配するテッドに、医師が「亡くなった」と告げました。実際には、ジョンは回復しており、以前だまされた仕返しにテッドにいたずらを仕掛けただけだったのです。怒りながらも、ジョンが無事だったことを喜ぶテッド

そのテッドが心配する様子はニュース番組を通して放送されており、それを見たパトリック弁護士は「テッドは人間である」と認め、依頼を引き受けます。裁判を再び起こしたテッドはパトリック弁護士の熱弁のおかげもあって勝訴し、人権を認められました。

勝訴したテッドは、インタビューを求めたレポーターに今言いたいことを聞かれ、番組を通してタミに改めてプロポーズをします。夫婦として再出発をしたテッドとタミ。2人は念願の養子をもらうこともできました。テッドの息子のゴッドファザー(名づけ親)になったジョンは、「アポロ・クリード」と名づけ、小さな赤ちゃんはその後「アポロ・クリード・クラバーラング」を名乗ることになります。

そして、ジョンは自分が幼い頃にテッドと出会ったように、テディベアをプレゼントしました。「本気で祈ることで、テディベアとも友達になれる」と願いをこめたのです。父親となったテッドは息子の世話を献身的にしますが、根っこは相変わらずでした。オムツ交換をしたときには、汚れたオムツをジョンに投げつけ、ふざけあったのです。

テッドとジョンの絆は、テッドが家庭を持っても変わりません。かつて、ジョンが結婚したときにテッドが彼の幸せを願ったときと同じだったのです。

「テッド2」の愉快な登場人物達

動画で「テッド2」を見る前に、どんな登場人物が出てくるのか、理解しておきましょう。

【テッド役】声:セス・マクファーレン日本語吹き替え:有吉弘行

ジョンが幼い頃にプレゼントされたテディベア。ジョンが友達になりたいと心から願ったところ、命が宿りました。その後、30年間ジョンの親友として苦楽を共にします。

【ジョン・ベネット役】マーク・ウォルバーグ(Mark Wahlberg)

前作「テッド」に引き続き、テッドの親友ジョンを演じたのはマーク・ウォルバーグです。「テッド」で、すったもんだのあげくに結婚したローリーとは離婚。テッドが父親になりたいと言ったことから、自分に出来る限りの協力をします。新ヒロインのサマンサと恋に落ち、幸せな生活を手に入れます。

【サマンサ・レスリー・ジャクソン役】アマンダ・サイフリッド(Amanda Seyfried)

弁護士で美人なサマンサを演じたのは、人気女優のアマンダ・サイフリッドです。前作のヒロインであるローリー役をしていたミラ・クニスが産休に入っていたため、続編には出演できず、新ヒロインが誕生しました。それがサマンサだったのです。26歳という若さのため、初対面ではテッドに依頼を断られかけますが、ドラッグをしていることが発覚し、気が合いそうだと共に裁判に挑みます。

【タミ・リン・マッカファーティー役】ジェシカ・バース(Jessica Barth)

スーパーの店員で、今作ではテッドの妻になった人物。ドラッグの使用によって卵巣が荒れており、不妊症になっていることから養子を迎えることになります。

【パトリック・ミーガン役】モーガン・フリーマン(Morgan Freeman)

最初の裁判で敗訴したため、サマンサが奥の手として紹介したのが、このパトリック弁護士。ベテランで、数々の裁判で勝訴を勝ち取ってきた経験があります。しかし、テッドやジョンのそれまでの素行の悪さやテッド自身の社会貢献の無さを理由に弁護を断ったのでした。ところが、ジョンがテッド誘拐時に病院に運ばれてしまい、そのときのニュース放送を見たことから、最終的にはテッドは人間であると認め、弁護を引き受けてくれます。彼の存在がテッドの人生を左右したのでした。

「テッド2」の作品情報とは

原題:Ted2

公開年:2015年

製作総指揮:アレック・サルキン、ウェルズリー・ワイルド

監督:セス・マクファーレン

脚本:セス・マクファーレン、アレック・サルキン、ウェルズリー・ワイルド(英語版)