映画『レッド・スパロー』は面白い?感想と動画配信サイトで無料で見る方法

洋画(海外映画)

2017年に公開された映画「レッド・スパロー」は、「ハンガー・ゲーム」シリーズでもタッグを組んだフランシス・ローレンス監督とジェニファー・ローレンスによるスパイ映画です。大国ロシアを舞台に、裏切りによって表舞台から蹴落とされた美しいバレリーナがスパイとなり、心理術やハニートラップを駆使して暗躍する姿を描き話題となりました。

ここでは、名作スパイ映画「レッド・スパロー」のあらすじと感想、さらに動画を観られる動画配信サービスについて解説します。また、無料で観られる方法についてもご紹介しますのでぜひチェックしてみてください。

レッド・スパローを見てみる

「レッド・スパロー」はどんな映画?魅力を徹底解説

この映画の原作は、ジェイソン・マシューズが書いた同タイトルの小説です。ジェイソン・マシューズは元CIA局員という経歴を持つ小説家であり、33年という長きにわたって実際にアメリカの諜報活動に携わった人物です。物語にはフィクションも含まれているはずですが、淡々とした描写にはエンターテイメント性を超えたリアリティーがあり、米ソの冷戦時代を連想させるスパイ映画に仕上がっています。

タイトルの「レッド・スパロー」は日本語に訳せば「赤い雀」で、雀とはロシアのスパイのことを指します。さらに、「赤」はロシア語では「美しい」という単語と同じ語源の言葉だったり、共産主義の象徴であったりと、複数の意味を感じさせるものです。

動画の主人公は、バレリーナとして活躍するも陰謀によってケガを負わされ、舞台に立てなくなったドミニカです。彼女には病気の母がおり、治療や介護が必要でした。そのためドミニカは、ロシア情報庁に勤める叔父の勧誘に応じてスパイになります。

ドミニカに求められたのは、相手の心のスキをついて意のままに操る「心理操作」と、体を使って男性を誘惑するテクニックです。美しいバレエダンサーだったドミニカが、訓練によってスパイとなっていく姿が克明に描かれます。

そんなロシアの最大の敵といえばアメリカなわけですが、「レッド・スパロー」でも例外ではありません。ドミニカの初任務も、CIAの諜報員であるネイトに接触し内通者を探るというものでした。

2人はお互いを探り合う中で少しずつ心を許していくようになりますが、どちらもスパイなわけですから、どうしても「これは本心なのか?」という疑いの眼差しで見てしまいます。視聴者は疑問を持ったり推測したりしているうちに、国や個人の陰謀が渦巻くストーリーに引き込まれていきます。

主演のジェニファー・ローレンスは世界が認める若き大女優ですが、この作品でも抜群の演技を見せてくれます。さらに、ドミニカの叔父ワーニャを演じるマティアス・スーナールツウラジーミル・プーチンを意識しているとしか思えない外見で登場。

そのほか、シャーロット・ランプリング演じるスパイ養成所の監督官など、インパクトのあるキャラクターが勢揃いしているのも大きな魅力です。時代設定こそスマホが登場する現代ですが、かつての冷戦時代にあった薄暗い雰囲気を十二分に感じられる傑作となっています。

「レッド・スパロー」は必見のおもしろさ!おすすめポイント3

おすすめポイント1:最後まで読めないドミニカと真実

この映画の大きなポイントは「観ている観客にも最後まで真実がわからない」ということです。劇中には、何を意味しているのかわからず首を傾げざるを得ないシーンも存在します。

動画の最後の最後でドミニカの本当の目的を知ることになるのですが、そのときに初めて「このシーンはこういう意味だったのか!」と気づくことになるでしょう。すべてがわかったあとでもう一度観てみると、まったく違う面白さを発見できる作品だともいえます。

「レッド・スパロー」を100%楽しみたいという人には、ネタバレを読まずに視聴することをおすすめします。そのうえで、「ドミニカの本心はこうじゃないかな?」と予想しながら観てみると、よりスリルとサスペンスを味わえるでしょう。ドミニカの「読めなさ」は、実はスパイの訓練を受けている頃から発揮されており、国家に服従する立場でありながら、度々指示や命令と反することをします。

それは彼女の裏切りなのか、はたまた「敵をだますには味方から」という策略なのかは、最後まで観ないとわかりません。ドミニカをとりまく周囲の人々もまた、彼女を疑いつつ彼女に翻弄され、ドミニカを中心とした渦の中へ引き込まれていきます。そうやって振り回されてしまう人々の中にはもちろん、観客も含まれているのです。

おすすめポイント2: ハラハラしっぱなしの心理戦

「レッド・スパロー」には、スパイ映画にありがちなド派手な銃撃戦や大立ち回りのシーンはありません。そのことに物足りなさを感じる人もいるでしょう。しかし、女性スパイであるドミニカの武器は射撃の腕や格闘術などではないのです。この映画の日本語版ポスターには、「私は、国家の美しい武器」というキャッチコピーがついています。

ドミニカの美しさの中に秘められた本当の武器は、「人の本質や欲望を見抜き、意のままに操る心理操作」なのです。心のスキを突き、体も使って相手をだますテクニックを身につけているドミニカが繰り広げる心理戦は、一歩踏み間違えれば即座に「死」という危険をはらんでいます。

スパローとなったドミニカの最初の相手は、CIAの諜報員であるネイト・ナッシュです。ロシアとアメリカの情報機関がぶつかるわけですから、いきなりクライマックスであるかのような印象も受けますが、「レッド・スパロー」の中ではまだまだ序の口。しかし、原作者が元CIAということを考えると、2人のやりとりは現実に近いのではないかという気もしてきます。

まず驚くのが、2人ともあっさりと身元を打ち明けてしまうこと。小手先のテクニックなど無駄だと言わんばかりに腹を割り、そのさらに奥をさぐりあうようなやりとりが行われるのです。また、ドミニカはしだいにネイトやアメリカという国に惹かれていくようなそぶりも見せるのですが、本心なのかそれとも「スパロー」としてのテクニックなのかはわかりません。

このほかにも、養成所の人々、ルームメイト、叔父、上司、アメリカの議員補佐官などを相手に、ドミニカは持ち前の資質で勝利をおさめていきます。そんなドミニカですが、母親と過ごすひとときだけは何の駆け引きもありません。母親のそばで過ごしている数少ないシーンでは、思いやりのある娘としての顔を観ることができます。

おすすめポイント3:美しさと残酷さの共存

「レッド・スパロー」の舞台はロシアですが、撮影そのものはハンガリーやオーストリアで行われています。映画の冒頭にはまだバレリーナとして活躍しているドミニカが舞台に立つシーンがあるのですが、これはハンガリーの国立オペラ座で撮影されました。舞台から客席を望むシーンでは美しい内装を思う存分見ることができ、うっとりとしてしまいます。

この美の集大成のような空間でドミニカは大ケガをするのですが、その描き方はかなり残酷です。あらぬ方向へと折れ曲がった脚がはっきりと映り、あまりの痛々しさに一気に血の気が引いてしまうのではないでしょうか。

さらに、豪華なホテルでの殺人、真っ白な雪景色の中に立つ養成所で行われる特殊な訓練、ドミニカの美しい顔をゆがませる拷問など、この作品には残酷なシーンが少なくありません。しかし、「レッド・スパロー」では多くのシーンで「美」と「残酷性」が共存し、独自の雰囲気をつくり出しています。そのため、グロテスクなシーンにもどこか芸術性を感じられるのでしょう。また、背景に映る東欧の街並みは文句なしに美しく、それだけでも観る価値があります。

「レッド・スパロー」はこんな人におすすめ!

魅力的な女スパイが好きな人

世の中にスパイ映画は数多くありますが、女性のスパイが主役の作品となると限られてきます。さらに、スパイを演じているのが大女優ジェニファー・ローレンスというのが、この映画の最大の魅力といえるかもしれません。その美貌もさることながら、女性としての魅力にあふれるボディラインも、色じかけをするスパイという設定に説得力をもたらしています。

しかも、この動画の主人公であるドミニカは、最初はスパイではありません。バレリーナが他人の策略によって蹴落とされ、国家に服従せざるを得なくなりスパイとして訓練を受けるという「女スパイの成長物語」という要素まで入っています。

まさに光から闇への急展開の人生を、ジェニファー・ローレンスは見事に演じきりました。物語が進むにつれてドミニカの瞳から少しずつ生気が失われていくその様子に、思わず寒気が走るほどです。ドミニカが行うのは「心理を読み、欠けたところを埋めて人を操る」という心理操作のため、派手なアクションシーンなどはありません。

しかし、女性のスパイにつきものの「ハニートラップ」は健在です。女性スパイものの作品が好きな人には、自信を持っておすすめできる作品となっています。

ジェニファー・ローレンスが好きな人

「レッド・スパロー」は女性陣が存在感を見せつける映画ですが、とくに主演であるジェニファー・ローレンスの熱演ぶりは必見です。主演とあってほぼ映りっぱなしなわけですが、映画自体がR15+という区分であり、動画には暴力的なシーンや性的なシーンが多く含まれています。殺害される人間も1人や2人ではありません。

その中でジェニファーは体を張った見事な演技を披露し、一段と評価を高めました。スパローになるきっかけとなったウスチノフ暗殺シーンではレイプされ、スパイ養成所のシーンでは全裸になって男性を挑発します。さらに、アメリカとの関係を疑われたときには全裸で拘束されて拷問を受け、悲鳴を上げます。

性的魅力のあるルックスと、いっさいの感情を捨てたかのような死んだ目のギャップが、女スパイという存在のリアリティーを高めているのです。ジェニファーの妖艶さと演技力なしではこの映画は成立しなかったのではないでしょうか。

スリルを求めている人

ドミニカがスパイとして独り立ちした中盤から、彼女はロシアとアメリカの両方に忠誠を示します。観客は「はたしてドミニカはどちら側の人間なのか?」という疑問を持つわけです。そのため、ドミニカがどちらかを裏切る言動を見せるたびに緊張感が張り詰め、一瞬たりとも画面から目が離せなくなります。上映時間は140分と長めですが、あっという間です。

ドミニカは厳しい訓練を終えたスパイらしく、あからさまに慌てふためくような様子は見せません。トラブルや予期せぬできごとにも平静を装って対処しますが、ギリギリで切り抜けるシーンはまさにスリリング。とくに、ルームメイトの秘密を握るシーンやロシアの上司の目を盗んでデータをコピーするシーンは、ハラハラの連続です。

さらに、ドミニカの周りでは容赦なく人が殺害されていきます。それは彼女への見せしめの意味もあり、ドミニカは一歩間違えれば確実に「死」という綱渡りをしているのだという事実を突きつけてきます。たとえ結末が分かっていても思わず息をのんでしまうストーリーは、映画だからこそ手に汗握るスリルを味わいたいという人にぴったりです。

「レッド・スパロー」の動画を今すぐ見るには?無料で見る方法も

「レッド・スパロー」の動画は、U-NEXT、ビデオマーケット、フジテレビオンデマンド、auビデオパスといった複数の動画配信サービスで視聴することができます。しかし、月額の定額料金のみで観られるサービスは存在しません。観たいときは、それぞれのサイトで別途レンタル料金を支払う必要があります。各サービスで「レッド・スパロー」の動画を楽しむ方法について、くわしく解説します。

U-NEXTは、31日間の無料体験を実施しており、登録するだけで見放題動画と読み放題雑誌を楽しむことができます。また、同時に加入特典としてサイトで使えるポイントが600ポイントもらえるため、無料で観たいときはこのポイントを活用するといいでしょう。U-NEXTでは、「レッド・スパロー」を432円でレンタル可能です。1ポイントを1円として使うことができるため、加入特典のみでまかなうことができ、無料で観られます。

ビデオマーケットでは、「レッド・スパロー」を432円で観ることができます。利用できるコースはプレミアムコースとプレミアム&見放題コースの2コースがあり、どちらも登録初月は無料というキャンペーンを実施しています。

両コースとも、登録するだけで毎月540ポイントが付与されるため、キャンペーンを利用すれば無料で観ることが可能です。ただし、ソフトバンクまとめて支払い、ワイモバイルまとめて支払いの場合は初月無料が適用されません。

フジテレビオンデマンドで配信されている「レッド・スパロー」は、字幕版と日本語吹替版とで分かれています。どちらも400ポイントで視聴が可能です。フジテレビオンデマンドでは、Amazon Payで支払いの設定をした場合のみ、最初の1カ月が無料になります。しかし、「レッド・スパロー」は見放題作品には含まれていません。

月額コースに登録することで毎月100ポイントがもらえますが、最初の1カ月のみのポイントでは「レッド・スパロー」の視聴には足りないため、無料で観ることは不可能です。

auビデオパスも、字幕版と日本語吹替版とで別のコンテンツという扱いになっています。どちらも500円でレンタルが可能です。auビデオパスは初回登録すると30日間は無料で見放題のコンテンツを楽しむことができますが、「レッド・スパロー」はこれには含まれていません。

「レッド・スパロー」を視聴するにはビデオコインを支払う必要があります。月額コースに登録すると、毎月540円相当のビデオコインがもらえるため、無料で観たい場合はこのビデオコインを利用するといいでしょう。

サービス 配信
Hulu ×
U-NEXT 〇(個別課金)
Netflix ×
ビデオマーケット 〇(個別課金)
フジテレビオンデマンド 〇(個別課金)
dTV ×
dアニメ ×
auビデオパス 〇(個別課金)
Amazonプライムビデオ ×
Paravi ×

(2018年10月現在)

レッド・スパローを見てみる

「レッド・スパロー」のあらすじをご紹介!※ネタバレ注意

「レッド・スパロー」のあらすじをご紹介します。ネタバレがありますので、動画で観て楽しみたいという人は読まないでくださいね。

主役はロシアの美しきバレリーナ

ドミニカはロシアのボリショイ・バレエ団に所属するバレエダンサーです。父親は亡くなり、体が悪く治療が必要な母親と2人で暮らしていました。ある日、舞台で男性ダンサーと接触する事故が起こり、足を骨折したドミニカはバレエの道を絶たれてしまいます。しかし、ロシア情報局にいる叔父のワーニャから、事故ではなく陰謀だったと知らされ、ドミニカは仕組んだダンサー2人をメッタ打ちにしてしまいました。

大きな陰謀の中へ

ワーニャは事件を起こしたドミニカを助ける代わりに、ウスチノフという男を誘惑するよう依頼をしてきます。仕事をすれば母親も治療を続けられるといわれ、承諾するしかありません。ホテルの部屋にウスチノフを連れこむことに成功しベッドインすると、窓から入ってきた黒ずくめの男が突然ウスチノフを殺害します。ドミニカは、黒ずくめの男に連れられるままにホテルから逃亡するのでした。

バレリーナから「レッド・スパロー」に

ウスチノフを暗殺したのはロシア情報庁で、ドミニカは目撃者となってしまったのです。しかし、素質を見込まれ、ワーニャから「養成所」に行くようすすめられます。断れば身の安全の保障はできないと淡々と告げられ、もう道がありません。養成所は「スパロー」、つまりスパイを育てる場所でした。

そこで学ぶのは「人の弱みにつけ込んで誘惑する」ことで、女性は男性の欲望を見抜いて誘惑し、情報を引き出すテクニックを身につけなくてはいけません。いわゆる「ハニートラップ」です。ドミニカには本質的に相手の欲望を見抜く才能があり、優秀な成績をおさめます。

ロシアのスパイとCIA諜報員の「出会い」

この映画のもう1人の主人公ともいえるネイトは、アメリカCIAの諜報員です。彼はロシア側の内通者(モグラ)、通称「マーブル」と接触できる立場ですが、マーブルの身を守るために危険を冒し、前線から外されます。しかし、それきりアメリカとマーブルとは音信不通となってしまいました。

ネイトはマーブルと接触するのは自分でないとダメだと主張し、ブダペストへ赴きます。一方でドミニカは、ネイトに接触しモグラの名前を聞き出すという任務を与えられます。接触には成功しますが、相手もプロ。ドミニカの本名やロシアのスパローであることをつかみ、引き入れようとします。

二重スパイとして暗躍

ドミニカは勧誘を受け入れました。いわゆる「二重スパイ」ですね。スパローの任務として、ロシアと通じているアメリカの上院議員補佐官ブーシェから機密情報を入手。それをアメリカにも流しますがロシア側に疑われてしまい、ひどい拷問を受けます。しかしドミニカは叔父に「アメリカは祖国に拷問を受けた自分を信用する」と言ってのけます。つまり、ロシア側には「アメリカに寝返ったフリをするだけ」という姿勢を示したのです。

ついに明かされる「マーブル」の正体

あるときネイトを捕らえにきたロシアのスパイを返り討ちにし、ドミニカの立場は決定的なものとなりました。そこへロシア情報庁の高官が姿を現します。叔父のワーニャよりもさらに高い地位にいる彼こそが、祖国ロシアの状況を憂い、アメリカと密通している「マーブル」だったのです。

彼はドミニカに「自分をロシアに引き渡し、自分の後継者として地位を築き、アメリカと協力を続けろ」と告げます。ドミニカには、スパローになったときと同じく、選択肢など残されていませんでした。

最後に望みを叶えたドミニカ

ドミニカはついに、ロシア情報庁のトップにマーブルの正体を告げます。しかしドミニカは、本物のマーブルではなく叔父ワーニャを内通者として密航だったのです。ドミニカは国家間の陰謀に巻き込まれながらも、叔父への復讐を果たしたのでした。

ドミニカはロシアで権力を持ち、母と暮らす家に戻ることはできました。そして、1本の電話がかかってくるシーンでこの映画は終幕を迎えます。その電話の主はいったい誰なのか、観客が知るすべはありません。

「レッド・スパロー」の主な登場人物とキャストをご紹介

「レッド・スパロー」はロシアを中心とする東欧が舞台の映画ですが、出演するキャストは多国籍です。全員がひと癖もふた癖もある登場人物とキャストについてご紹介します。

[ドミニカ・エゴロワ役]ジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence)

美しさと才能に恵まれたバレエダンサーでありながらその道を絶たれ、ロシアのスパイ「スパロー」としてまったく別の人生を歩むこととなったドミニカ。演じるのはジェニファー・ローレンスです。「レッド・スパロー」ではライトを浴びて踊るバレリーナ姿から、セクシーな水着姿や下着姿、さらにヌードも披露して話題となりました。

1990年にアメリカ・ケンタッキー州で生まれ、14歳でオーディションを受け芸能界に入ります。第83回アカデミー賞で作品賞などにノミネートされた「ウィンターズ・ボーン」(2011年公開)に主演し、自身も主演女優賞にノミネートされました。その後、スーザン・コリンズの小説を映画化した「ハンガー・ゲーム」シリーズで主演を務め、人気を不動のものとします。

2012年に公開されたデビッド・O・ラッセル監督の「世界にひとつのプレイブック」ではティファニー役を演じました。この作品で第85回アカデミー賞主演女優賞を受賞し、若き実力派として世界に名を馳せる存在となります。アカデミー賞のほかゴールデングローブ賞なども複数回受賞し、若手ナンバーワンの呼び声も高い名女優です。

[ネイト・ナッシュ役]ジョエル・エドガートン(Joel Edgerton)

CIAの諜報員としてドミニカと接触するネイトは、オーストラリア出身の俳優ジョエル・エドガートンが演じます。1974年に生まれ、下積み時代を経て「スター・ウォーズエピソード2クローンの攻撃」(2002年公開)、さらに続編の「エピソード3シスの復讐」(2005年公開)に出演し一躍注目の存在となります。

そのほか「キンキーブーツ」(2006年公開)、「遊星からの物体Xファーストコンタクト」(2012年公開)、「華麗なるギャツビー」(2013年公開)など、話題作へも続けて出演。動画配信サービスであるNetflixのオリジナル映画「ブライト」(2017年公開)ではオークの警察官を演じ、人間の警察官役のウィル・スミスとのコンビが話題となりました。俳優業と並行して映画監督としても活躍し、「ザ・ギフト」(2015年公開)で長編映画の監督としてデビューしています。

[ワーニャ・エゴロフ役]マティアス・スーナールツ(Matthias Schoenaerts)

ドミニカの叔父であるワーニャは、国家に忠誠を誓うロシア情報庁の副長官で、彼女の人生を変える存在として暗躍します。動画にはウラジーミル・プーチンの雰囲気を感じさせる容貌で登場し、誰よりもロシアらしさを感じさせる存在といえるでしょう。演じているマティアス・スーナールツはベルギー出身の俳優です。

1992年にベルギー映画「Daens」でスクリーンデビューしました。ベルギーのほかオランダの映画などにも出演して活躍の場を広げ、主演を務めた2011年のベルギー映画「闇を生きる男」第84回アカデミー賞で外国語映画賞にノミネートされます。そのほかの代表作は、「ロフト.」(2008年公開)、「リリーのすべて」(2015年公開)、「ロフト.」のリメイクである「パーフェクト・ルーム」(2014年公開)などです。

[監督官役]シャーロット・ランプリング(Charlotte Rampling)

「スパロー」の養成所でドミニカたちにスパイのイロハを教え込む監督官は、シャーロット・ランプリングが演じました。他人の心理を読み解いて弱みにつけ込み、体も使って誘惑することを淡々と教えるその姿は強烈で、出番は短いながらも存在感を示しています。シャーロット・ランプリングはイギリス出身の女優で、1965年の「ナック」でスクリーンデビューを果たしました。

その後、「ジョージー・ガール」(1966年公開)、「愛の嵐」(1974年公開)などで注目を集めます。大島渚が監督したフランス映画「マックス、モン・アムール」(1986年公開)では、チンパンジーと愛を育む人妻を演じました。その後、「スイミング・プール」(2003年公開)などの名作に出演し、2016年には「さざなみ」アカデミー賞主演女優賞にノミネートされています。

「レッド・スパロー」の詳細な作品情報

原題: Red Sparrow

ジャンル:サスペンス

公開年:2017年

製作総指揮:メアリー・マクラグレン/ギャレット・バッシュ

監督:フランシス・ローレンス

脚本:ジャスティン・ヘイス