映画『日本で一番悪い奴ら』は面白い?感想と動画配信サイトで無料で見る方法

邦画

日本警察史上最悪の事件ともいわれる実話がもとになった『日本で一番悪い奴ら』は、警察という組織を切りこんだ作品です。ノルマのために悪事に手を染める警察官の姿が描かれるこの作品では、さまざまな闇が明かされていきます。そんな『日本で一番悪い奴ら』はたくさんの動画配信サイトから配信されていますので、手軽に見られるのが魅力です。ただ、無料で見られるのか気になりますよね。そこで、映画の感想を説明しながら、無料で見る方法についてご紹介いたします。

日本で一番悪い奴らを見てみる

日本で一番悪い奴らはこんな映画

白石和彌監督による大胆な警察映画

『日本で一番悪い奴ら』は、成績のために裏社会の知り合いから密輸した拳銃を、警察官が買い受けるといったとんでもない話です。国民を守るための立場であっても、ノルマ主義の波にのまれていく警察官は、犯罪に対しても罪の意識を感じていません。そんなぶっ飛んだストーリーでありながらも、どこかリアリティを感じてしまう作品です。

今作において監督である白石和彌が力を入れたのは、人間という生き物と、その心の内側にある心理を描くことでした。ストーリー自体は暗い闇のような内容でありながらも、軽妙でコミカルに描くことに徹したのです。そのため、非常に見やすい映画に仕上げられています。

台本にはなかったベッドシーンも映画の見どころ!

『日本で一番悪い奴ら』では、大胆なベッドシーンがいくつも登場することが話題になりました。撮影では、主演を務めた綾野剛の提案による、台本にはなかったベッドシーンも実際に撮影されています。そのシーンに対し、監督の白石和彌は「ビンタをしながらキスをする」という演出を考えていました。しかし、監督が綾野剛に相談したところ「セックスしたい」という返事を受けたため、ベッドシーンに変更されることとなったのです。また、そのシーンの撮影では、相手役の矢吹春奈には詳細が伝えられることなく撮影が行われました。

監督は「もしかしたらその先までいくかもしれないから」とだけを矢吹に伝えてワイヤレスを外し、そのシーンは綾野剛に委ねられることになったのです。矢吹春奈も、「何をされてもいいようしていた」と話している通り、演技にだけ集中して撮影が行われています。

このシーンだけでなく、ハードなベッドシーンの多いこの作品では、監督の「最近の映画がゆるくなってきた」という思いも込められました。踏み込んだ描写の作品を撮ることで、映画界を引き締めたいという思いも隠されているのです。動画では、これまでにないハードなベッドシーンの連続に制作陣の心意気も感じられるといえるでしょう。

日本で一番悪い奴らのおすすめポイントはこの3つ!

おすすめポイント1:実話がもとになったストーリー

今作の『日本で一番悪い奴ら』は実際に起きた事件であり、逮捕された現職警察官によって書き上げた本がもとになっています。原作のタイトルは『恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白』で、2002年に北海道警察で起こった稲葉事件について語られている内容です。

北海道警察の生活安全特別捜査隊班長であった稲葉警部が、覚せい剤取締法違反容疑などで逮捕された事件を受け、北海道警察のやらせ捜査や偽証の拳銃検挙などが明らかになります。事件当時は警察においてもノルマ至上主義が横行し、検挙だけが全てであった時代でした。そのため、稲葉はスパイと手を組むことで検挙をでっち上げ、取引のために覚せい剤に手を出したのです。

ただ、日本警察史上最悪ともいわれた不祥事でしたが、逮捕されたのは稲葉だけでした。事件に関与した人物は自殺をした人を除き、軽い処分で済まされていたのです。本作ではそんな警察の闇にも迫っています。ただ、映画では笑ってしまう演出もあちこちに飛び交い、エンターテインメント性の高い作品に仕上がっているのが特徴です。実際の事件の本質を知りたい人は、ぜひ動画をチェックしてみましょう。

おすすめポイント2:めちゃくちゃかっこいい主人公

今作の主人公となるのは、柔道の実力が認められて北海道警察に就職をした諸星要一です。警察官になりたての諸星は真面目な青年でしたが、悪い先輩警察官に感化され、道を踏みはずすことになります。令状なしの違法捜査やスパイを使った捜査など、やりたい放題の捜査を行うのです。

しかし、ノルマだけがすべての警察においてエースの地位を築き上げました。やがて、やくざとつるむようになった諸星は、すすきのでも夜の顔として知られるようになり、多くの女性と関係を持つようになります。そんな「悪人」を絵に描いたような主人公ですが、今作では非常にかっこよく描き出されているのです。

その理由には、ストーリーが主人公の目線で描かれていることがあげられるでしょう。悪いことに手を染めても、警察という組織の中でのし上がっていく姿は、まさにダークヒーローのようであり、つい応援したくなるようなかっこよさがあります。魅力的な主人公にひきつけられてしまう映画であり、最後まで主人公のかっこよさに見とれてしまう作品です。

おすすめポイント3:見事な脚本と演出力の融合

『日本で一番悪い奴ら』は脚本と演出の両面から高く評価されています。まず、脚本を担当したのは池上純哉でした。彼は「任侠ヘルパー」「極悪がんぼ」の脚本を書いた人物であり、やくざがらみの作品を得意としています。池上純哉の脚本の特徴には、個々のキャラクターにしっかりと肉付けがされていることでしょう。

今作でも、主人公だけでなく、周りのキャラクターが個性的に描かれているのです。どのキャラクターも一度見たら忘れられないほどのインパクトが与えられ、お互いの存在感をうまく調和させて物語に溶け込ませていています。

その他にも、やくざが登場する映画であっても銃撃戦を描かなかったというのも、評価された点です。情報網を活用するための捜査の描写に重点を置いたことで、人間の感情をより深く描き出すことに成功しました。また、監督を努めた白石和彌は、覚せい剤を打つシーンや、覚せい剤による反応、風俗店で起きるさりげない一瞬などを生々しく描いています。

「こういったシーンをリアルに描きすぎることは教育上良くない」という理由からR指定がつけられました。しかし、これらのシーンをうまく描き出すことで、本作のリアリティが格段に底上げされているともいえるでしょう。このように、『日本で一番悪い奴ら』は作り込まれた脚本と、高い演出力によって誕生しています。

日本で一番悪い奴らはこんな人にぴったりの映画!

矢吹春奈の体当たりの演技が見たい人

『日本で一番悪い奴ら』で、高級クラブのホステス役を演じたのは矢吹春奈です。ハードなベッドシーンが多いこの作品は、矢吹にとって新しいチャレンジとなりました。今作の話が持ち込まれたとき、監督は白石和彌が務めるということを聞いた矢吹は、二つ返事でオーディションを受けました。しかし、実際に撮影が始まる前には、自分にこの役が務められるのか不安があったといいます。

念願だった白石和彌監督の作品に出演できるということで、気持ちを込めて撮影に臨んだのでした。監督も、「いい女を第一条件として選ぶと矢吹しかいなかった」と話しています。動画では、矢吹春奈が体を張って臨んだベッドシーンをいくつも見られますので、彼女の意気込みをかけた体当たりの演技を楽しんでみてください。

社会の仕組みに疑問を感じている人

今作では、純朴だった主人公が悪に染まっていく姿が描かれていきます。それは、周りの環境が彼を悪の道へと導いていくのです。柔道という特技を持ち、それが活かされて北海道警察に就職をする主人公は、これまで柔道一筋で生きてきた人物でした。配属が決まり、まだ右も左もわからないころには、まっしぐらに行動し、失敗して叱られる姿なども描き出されています。

初めてだらけの環境において、「先輩からいわれることは全てだ」と受け入れる素直さを持っていた主人公は、やがていわれたこと全てが正しいと受け取ってしまうのです。それが正義であると勘違いしてしまうことで、悪の道に手を染めてしまう結果となりました。

警察という社会は、公的機関ではなく会社なのかもしれません。柔道を武器に警察になることを志していた主人公にとっても、検挙数を上げて点数を稼がないことにははじき出されてしまう世界なのです。どこにでもある会社と同じように、「ノルマをこなすことだけが成功への一歩」となってしまいます。

主人公を悪の道へと導く先輩刑事にとっても、それは同じことであったのかもしれないと、映画では語りかけてくるのです。ノルマを達成することのみが美徳であると悟った主人公は、その道に足を踏み入れてしまいます。

そして、あらゆる手を尽くすことで味をしめるようになっていきました。彼の手柄に周りが賛同し、さらなる結果を求められた主人公は、プレッシャーを感じながらも、それを快感として受け止めるようになるのです。そうして、つかんだ成功が当たり前になることで、主人公が事件をくりかえしていきます。

最後には、警察のために身を粉にしてまでノルマを達成してきた主人公の、悲哀感と絶望感が感じさせられる作品でもあるといえるでしょう。タイトルに込められた「悪い奴ら」が示すように、複数の人間による組織的な犯罪の姿が見え隠れする作品です。「警察組織」そのものへの挑戦でもあるこの作品は、社会の仕組みそのものに疑問や理不尽さを感じる人におすすめしています。

日本で一番悪い奴らの動画を配信しているのは?無料で見られる方法も!

サービス 配信
Hulu ○ 2週間無料
U-NEXT ○ 31日間無料
Netflix ○ 1カ月無料
ビデオマーケット ○ 初月無料
フジテレビオンデマンド ○ 1カ月無料
dTV ○ 31日間無料
dアニメ ×
auビデオパス ○ 30日間無料
Amazonプライムビデオ ○ 30日間無料
Paravi ○ 登録月無料

日本で一番悪い奴らを見てみる

ネタバレも!日本で一番悪い奴らのあらすじ

『日本で一番悪い奴ら』のあらすじはどのように展開するのでしょうか。最後にはネタバレも含んでいますので、動画でラストを知りたい人は気をつけてください。

諸星の転落人生のはじまり

1975年6月、大学で柔道部に所属していた諸星要一は、柔道全国大会を目指す北海道警察への就職が決まります。その4年後、26歳になった諸星は、北海道警察本部機動捜査隊に配属になりました。ある日、諸星は同僚と一緒にパトカーで犯人を追いかけます。

しかし、敏腕刑事の村井定夫に、その手柄を持っていかれてしまうのです。捜査だけでなく事務も満足にこなすことができない諸星は、周囲から邪魔者扱いをされてしまいます。そんなとき、村井は諸星を高級クラブへと連れて行きました。そこで諸星は、村井から刑事として認められるには犯人を挙げて点数を稼ぐことの必要性を教えられます。

そのためには、スパイを作れとも告げられました。諸星は、自分の名刺を町にばらまき、スパイを作るために動き出しました。名刺を配っている諸星に、きんぴらのチンピラたちは因縁をつけてきます。そんな彼らにも名刺を渡した諸星は、彼らからシャブを持っている男がいることを教えられるのです。

その情報を手に、その男の部屋に令状を持たずに家宅捜査を行った諸星は、シャブと拳銃を発見しました。その功績が認められ、諸星は本部長賞を手にしたのです。栄光を勝ち取った諸星に村井が提案したのは、女を作ることでした。そして、諸星は高級ホステスである田里由貴と深い中になります。

変わっていく諸星

諸星が令状なしで家宅捜査を行ったことに、逮捕された男が属していた暴力団は激怒していました。そこで、彼らは諸星を呼び出します。幹部の黒岩勝典は、どんな脅しにものらない諸星を高く評価し、兄弟の契りを交わしたのです。そして、諸星のS(スパイ)となりました。諸星は黒岩が経営するソープランドで遊ぶようになり、派手な服装を好むようになります。

諸星の目の敵でもあった先輩刑事の村井は、暴力団の策略によって淫行で警察に捕まることになりました。暴力団にちやほやされるようになった諸星は、暴力団事務所で発砲事件が起きた際に、身代わりの男を挙げることもあったのです。

諸星が31歳になったとき、札幌中央署暴力犯係(マル暴)への異動が決まりました。黒岩からロシア語が堪能な山辺太郎を紹介された諸星は、太郎を通じてアクラム・ラシードを紹介されます。

ラシードは、ロシアルートの拳銃の横流しに精通していた人物であり、盗難車の密売人でもありました。太郎とラシードも諸星のSとなり、諸星に情報を流し続けます。さらに、組から抜けようと考えていた黒岩に対して諸星は、500万円もの大金を都合しました。

偽装はエスカレートしていく

道警本部に銃器対策課が新設されたことをきっかけに、諸星は第二係長となります。新設部署のメンツをかけ、拳銃の摘発に力を注ぐ上司の岸谷利雄は、諸星にいい方法はないかと相談するのです。そこで諸星は、ラシードから手に入れた拳銃をコインロッカーに隠し、摘発を偽装しました。

これをきっかけとし、諸星の偽装はエスカレートしていきます。ロシア人からトカレフ3丁を購入した諸星は、摘発件数を水増しするようになりました。さらに、銃器対策課から予算を引き出した諸星は、太郎とラシードをロシアに送り込み、拳銃の仕入れさせようとするのです。

しかし、拳銃は1丁しか購入できませんでした。そこで、諸星は東京のヤクザから拳銃を仕入れます。ただ、拳銃が宅配便で送られてきたことで警視庁銃器対策室に目をつけられてしまうのです。なんとか逮捕は見逃してもらえた諸星でしたが、この影響でヤクザの拳銃の販売価格は高騰しました。資金繰りに困った諸星は、黒岩の提案によりシャブをさばき、その代金で拳銃を購入します。その結果、北海道警察からまたも表彰されることになったのです。

そして、1966年に警視庁と道警の共同による潜入捜査が東京で行われました。道警からは諸星と黒岩が参加することになり、警視庁からは国吉が担当します。国吉は警視庁銃器対策室の男で、先の事件で諸星の逮捕を見逃した人物でした。ある日、諸星はクラブへと行きましたが、由貴はすでにクラブを辞めていたのです。そこで、由貴の家に行った諸星は、彼女がシャブをやっていたことを知ります。諸星は由貴を警察に自首させることにしました。

失敗に終わる諸星の作戦※ネタバレあり

黒岩は香港から拳銃200丁が密輸されるという情報を手に入れました。そこで、諸星は北海道税関の協力を得て大規模な捜査を提案します。この捜査は、香港から関東の暴力団へと密輸されるシャブを北海道警察が一旦見逃し、味を占めさせることで、さらなる拳銃が密輸されるのを摘発するというものでした。

しかし、シャブの末端価格が6億円をこえることが理由となり、この捜査計画には難色が示されます。ただ、拳銃の摘発において日本記録になるということで捜査は決行されたのです。荷揚げされたコンテナに積まれていたぬいぐるみからシャブを取り出した諸星たちは、130kgものシャブを目にしました。

末端価格にして40億円にもなるその量に、捜査員たちは絶望します。しかし、諸星だけは開き直っていたのでした。黒岩はシャブを入れたカバンを関東暴力団に運びます。ただ、途中で行方不明になってしまうのです。関東で名の知られるヤクザである加賀谷力は、「シャブの金を払い済みだ」と言い、諸星の耳を切りつけました。

そして、拳銃200丁の密輸は中止になってしまうのです。追い込まれた諸星は、自分でシャブを打ち、ありったけの拳銃30丁を集めました。それをラシードの客であるロシア人の舟に仕込み、逮捕させたのです。しかし、ロシア人との商売ができなくなったラシードは、諸星を包丁で切りつけ、ケガを負わせました。

全ての終わりに見えた組織の闇※ネタバレあり

その後、諸星は夕張警察署生活安全課に転勤となりました。そして、諸星は太郎岸谷に口止め料を要求しているといううわさを聞き、太郎に会いに行きます。ラシードは、すでに故郷に帰り、太郎は何もかもが終わりだと感じていました。太郎はシャブを持って警察に自首します。警察は諸星がシャブを売る店で女と遊んでいる姿を見張っていました。

その後、警察署に戻った諸星に覚せい剤使用容疑の逮捕状が突き付けられます。諸星は2002年7月10日に覚せい剤使用で逮捕されました。7月31日に岸谷が首をつって自殺し、8月29日には太郎が刑務所内で自分の首を絞めて自殺します。

諸星は、接見に来た弁護士から岸谷と太郎が自殺したことを知らされました。それを聞いた諸星は、全ては道警の犯罪組織だと認めたのです。それでも、事件で有罪となったのは諸星ただ一人でした。判決文でも一言も組織犯罪について触れることはなかったのです。

日本で一番悪い奴らの主な登場人物とキャスト

【諸星要一役】綾野剛

日本で一番悪い奴らの登場人物の中で、主人公となるのが諸星要一です。柔道の腕前を認められた諸星は、北海道県警にスカウトされ警察官になりました。真面目で正義感にあふれる諸星は、徐々に北海道県警の悪い習慣に染まっていきます。そして、悪事に手を染めることで、皮肉にも北海道警察のエースと呼ばれるようになるのです。ヤクザなどに名刺を配ることでSを作ることに成功した諸星は、すっかり「すすきのの顔」になります。

彼が路地に現れるだけで、次々といろんな人がご機嫌取りをしてくるようになり、生真面目だった諸星はチンピラのような空気まで漂わせるようになりました。そんな諸星を演じるのは、綾野剛です。劇中で綾野剛がまとう空気には、時間の経過を感じさせないような感覚があり、彼の生活を直感で感じさせてくれる魅力があります。演技派俳優として活躍する綾野剛は、セリフでもメイクでもなく空気感で諸星を見事に表現しているのです。

【黒岩勝典役】中村獅童

暴力団幹部の黒岩勝典は、諸星のことを気に入り、兄弟のさかずきを交わす仲となります。そして、諸星のSとなり、彼の捜査に協力をする人物です。そんな黒岩を演じたのは、梨園が生んだ破格の俳優とも呼ばれる中村獅童です。大きなサングラスが印象的で、スーツを着た姿はいかにもヤクザという雰囲気を漂わせています。そんな中村獅童は、2003年の『ピンポン』日本アカデミー賞とゴールデン・アロー賞(映画新人賞)、ブルーリボン賞、日本映画批評家大賞を獲得。

さらに、毎日映画コンクールの各新人賞5冠を受賞し、注目を集めた俳優です。また、2004年の『阿修羅のごとく』では、日本アカデミー賞優秀助演男優賞と浅草芸能大賞新人賞受賞を受賞しました。その他にも2014年の『振り子』第6回沖縄国際映画祭・「TV DIRECTOR’S MOVIE」部門 主演男優賞を受賞するなど、実力派の俳優として人気があります。

【山辺太郎役】YOUNG DAIS

諸星にとって2人目のSとなるのが山辺太郎です。覚せい剤を使用した罪と、覚せい剤の運び屋をしていた罪で服役した経験のある太郎は、諸星を「親父」と呼び、慕います。小犬のように諸星を信じてついていく太郎は非常にけなげですが、ラストシーンでは思いもよらない行動に出るのです。

DJでもある太郎を演じたのはヒップホップミュージシャンとして活動するYOUNG DAISでした。彼は『TOKYO TRIBE』で主演として起用された経験を持つ人物であり、以降も2015年の『新宿スワン』、2016年の『恋の三陸 列車コンで行こう!』などに出演しています。アメリカへの留学経験もある YOUNG DAISは、日本人には難しい表現もこなせる俳優として、演技の世界でも認められている人物です。

【アクラム・ラシード役】植野行雄(デニス)

太郎の諒解によって諸星と出会い、諸星の3人目のSとして活躍するのがアクラム・ラシードです。盗難車バイヤーのラシードはパキスタン人であり、ロシアルートの拳銃の横流しに精通しています。非常に気のいい人物ですが、殺人罪としての前科のある男です。そんなラシードを演じたのは、お笑い芸人コンビ・デニスの植野行雄でした。彼の父はブラジル人であり、日本人離れした外見を活かして外国人役を見事に演じ切っています。

【村井定夫役】ピエール瀧

北海道県警きっての敏腕刑事である村井定夫は、多数のSを抱え、圧倒的な情報量を武器に検挙数を伸ばす人物です。警察官として成功するためにはSを持つことが必要だと諸星に伝授する人物であり、諸星を悪の道へと導いた張本人でもあります。

そんな村井定夫を演じたのは、ミュージシャンのピエール瀧です。テクノバンド「電気グルーヴ」で、成功をおさめたピエール瀧は、俳優としても活躍を開始し、2013年の『凶悪』『くじけないで』では第38回報知映画賞助演男優賞を受賞しています。また、同じく『凶暴』第68回毎日映画コンクール男優助演賞を受賞しました。さらに、『そして父になる』では第56回ブルーリボン賞助演男優賞を受賞し、俳優としても注目を集め続けています。

日本で一番悪い奴らの作品情報もチェック!

原題:日本で一番悪い奴ら
公開年:2016年
原作:稲葉圭昭
監督:白石和彌
脚本:由里敬三、遠藤茂行