海外ドラマ「SHERLOCK/シャーロック」の感想は?動画配信サイトで無料で見よう

シャーロック 海外ドラマ

「シャーロック」は、コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」シリーズを翻案とした海外ドラマです。舞台を現代に移し替えた大胆な設定、スタイリッシュな映像表現、個性派の俳優たちの演技などで大ヒットを記録しました。数十年単位で見ても、これほどクオリティの高い海外ドラマは少ないのではないでしょうか。そこで、ここではシャーロックの魅力・見どころを解説していきます。まだシャーロックを見たことのない人は、ぜひチェックしてください。

↓↓U-NEXTで31日間無料!↓↓

シャーロックをU-NEXTで見てみる

※U-NEXTで2020年1月24日 23:59まで期間限定配信

海外ドラマ「シャーロック」はココが面白い!

海外ドラマの「シャーロック」は、原作にある事件をベースに脚本されていますが、時代設定をそっくり現代に移しています。「もし、シャーロックが現代に生きていたら?」と想像する人は少なくありませんが、「シャーロック」はそれを実写化している作品です。たとえば、シャーロックはスマホをさくさく使いこなしますし、ワトソンは事件のあらましをブログにアップします。シャーロック・ホームズというと、少し古いイメージがあるかもしれませんが、今の人が楽しめる全く新しいドラマとして生まれ変わっています。

もうひとつの楽しみは、シャーロック役のベネディクト・カンバーバッチとジョン・ヘイミッシュ・ワトソン役のマーティン・フリーマンの演技です。今までのシャーロック・ホームズではワトソンは無味無臭の脇役といった役どころでしたが、シャーロックではダブル主役のように活躍します。そのため、人が良く常識人のワトソンと偏屈で毒舌のシャーロックがうまくかみあっているのです。シャーロックの動画の口コミやレビューなどにおいても、この2人のやりとりを見るのが一番の楽しみと書いている人はたくさんいます。

スタイリッシュな映像表現も評判になりました。映画やドラマでは音声で推理の内容などを説明するのが普通です。しかし、シャーロックでは縦横無尽に文字情報を映像のなかにすべりこませ、シャーロックの天才的な推理の様子を表現しています。また、アクションシーンが比較的多く、スピード感もあるので、探偵ものにありがちな長い説明が苦手だという人も退屈しないでしょう。

シャーロックで注目したい見どころ3つ

シャーロックの見どころは「舞台設定の面白さ」「シャーロック・ワトソンのダブル主役」「斬新な映像表現」の3つです。それぞれ詳しく説明します。

舞台設定の面白さ

原作のシャーロック・ホームズは、最新の化学や機材を駆使して事件を調べる探偵でした。当時としてはとても画期的なアイデアだったといわれています。そんなホームズですから、現代の時代に生まれていれば、インターネットなどを駆使して事件を捜査するのは当然ですよね。ドラマのなかでは、レストレード警部の記者会見を見ながら、スマホでメッセージを送信するシーンなどがあります。GPS追跡やカーナビなども登場するため、現代にシャーロックが生きていたらこんな感じだったのかと想像がふくらみます。原作をよく知っている人なら、シーンがどのように置き換えられているのかチェックするのも楽しみの1つになるでしょう。

シャーロック・ワトソンのダブル主役

あまり目立たない脇役のイメージがあるワトソンですが、このシャーロックでは登場シーンが多く、シャーロックとダブル主役のような扱いになっています。これによって、シャーロックの変人ぶりが愛らしく見えてくるのが、作品の見どころのひとつです。2人のセリフの掛け合いも面白く、思わず笑ってしまうシーンもちりばめられています。ベネディクト・カンバーバッチとマーティン・フリーマンは独特のテンポと間があるので、字幕版の動画ほうが楽しめるかもしれません。2人の友情の深まりもハートフルで作品全体に深みを出しています。お互いを「シャーロック」と「ジョン」とファーストネームで呼び合う作品もシャーロック以外にはありません。

斬新な映像表現

シャーロックは映像のなかに文字情報を多用する斬新な表現が話題となりました。たとえば、シャーロックが事件現場に入ったとき、あらゆる細かい点にも気づいていることが文字で表現されます。また、シャーロックは「マインド・パレス(精神の宮殿)」という特殊な記憶術を持っている設定となっていますが、このマインド・パレスから情報を引き出して事件の謎を解く様子が、文字表現を使った斬新な映像で描かれています。シャーロックの頭脳で考えているような気持になれるので、爽快感を覚える人も多いようです。その他、比較的アクションシーンも多くカメラワークもテンポがいいので、エンタメ要素の質もかなり高い海外ドラマといえるでしょう。各シーズンのクライマックスも、常に衝撃の結末となるので、つい次のシーズンを見たくなってしまいます。

シャーロックにハマりそうな人はこんな人

シャーロックを楽しめそうな人はどのような人でしょうか。

シャーロキアンなら絶対に見ておくべき動画

シャーロキアン (Sherlockian) は、アーサー・コナン・ドイルが書いたシャーロック・ホームズシリーズの熱狂的なファンのことです。現代に置き換えられているとはいえ、全ての作品の原作はシャーロック・ホームズシリーズなので、シャーロキアンにとって、文句なしに楽しめる作品となっています
原作がどのようにアレンジされているのかも楽しめるでしょう。ベーカー街221Bの階段が原作と同じ17段にそろえられているなど、オマージュ・パロディもちりばめられているので、見る人が見ればにやりと笑うシーンもあるに違いありません。また「マインド・パレス(精神の宮殿)」など、原作で想像していた内容を映像で体験できるのも面白いところです。

変人の登場人物が好きな人におすすめ

探偵ものには変人が登場しますが、こうした変人が登場するドラマが好きならシャーロックも楽しめるのではないでしょうか。たとえば「古畑任三郎」や「名探偵ポアロ」「ガリレオ」「名探偵モンク」などの作品が好きな人は、シャーロックの変人ぶりやブラックユーモアをきっと面白く感じるはずです。シャーロックは自分のことを高度のソシオパス(社会病質者)と呼んでいますが、普通の人には理解できない言動もドラマの世界ではとても面白く感じられますよね。

どんでん返しのストーリー展開が好きな人

シャーロックは脚本がよくできています。それがスタイリッシュでスピード感のあるセリフと映像で表現されるので、見ていて飽きません。これに加えてクライマックスへの持っていきかたが上手なので、ハラハラドキドキ感が楽しめます。原作と設定を大きく変えているところもあるので「あり得ない」と思うような事態もたくさん発生します。どんでん返しの結末もたくさんあるので、海外ドラマにスリルを求める人におすすめできる作品といえるでしょう。ただし、子供から大人まで楽しめることを意識しているのか、それほど暗い話や結末がありません。楽しくドラマを見たい人にぴったりなのがシャーロックです。残酷な表現やセクシーシーンも少ないので、家族で楽しめるスリリングな海外ドラマを探している人にも向いているでしょう。ただし、謎解きのスピードが早いため、小学生の高学年以上ぐらいにならないと理解しにくい面があるかもしれません。

感想・レビュー

海外ドラマ「SHERLOCK/シャーロック」はどうでしたか?

シャーロック

とても良い

  • 探偵もの好きには堪らない作品です。映像はやや暗めで怪しい雰囲気を演出しているのも良いです。(20代/女性/パート・アルバイト/独身)
  • 「シャーロック」を一言で表現するならば「現代版シャーロック・ホームズ」という言葉が相応しいと私は考えている。この作品の魅力は推理小説である「シャーロック・ホームズ」の物語を全て現代に置き換えて作られている。通信手段はスマートフォン、移動手段は車に電車。そんな小説との時代背景の差異はありながらも主要人物であるシャーロックやワトソンのキャラクターは小説の人物を踏襲しており、ストーリー中に登場する事件は原作を基に現代にアレンジして巻き起こる。時にはiPhoneのパスワードを推理して、時にはメールで複数の事件をまとめて解決するそんな様子は原作のファンとしてとても楽しく視聴できました。(20代/男性/パート・アルバイト/独身)
  • 現代版シャーロックホームズとしてのメインキャラクターたちが個性的で一癖ありファンになった。また話の内容も一転二転と思いがけない展開となり、続きがきになる内容となっていた。ドラマをみる中で、自分も推理を試みるが、制作者側の想い通りか、流れに翻弄されてしまうが、それが余計に先を観たくさせる。スピード感ある展開と天才と思わせながらも憎めないキャラクター性にのめりこみました。(30代/女性/パート・アルバイト/既婚)
  • 主人公の二人がとにかくおもしろい。笑いもシュールですしイギリスドラマ、という感じです。ドラマ自体の内容もハラハラドキドキする内容ですし私の周りにもファンが多い海外ドラマです。(20代/女性/正社員/既婚)
  • 最近の海外ドラマで一番好きなシリーズです。ホームズの話しがちゃんと現代に置き換えられていて、ホームズの原作を読んで違いをくらべたくなる。それと、1シーズンが3話ぐらいしかなくて、アメリカのドラマのように話しが長くない所も良いです。(40代/女性/無職/独身)

良い

  • 今の時代に名探偵シャーロックが活躍するという設定はおもしろいです。原作同様にシャーロックのお兄さんも登場するのですが、これが結構重要な役割を担い、奇想天外が筋立てになっています。けれどもスパイの国、英国です。納得して引き込まれました。(60代/男性/パート・アルバイト/既婚)
  • ベネディクト・カンバーバッチが想像していたよりも役にあっていた。又シャーロックホームズの原作そのものの世界観をあまりこわさず、演じ切っていたから。(20代/男性/正社員/独身)
  • 長いドラマではありますが、それでいて飽きさせないスピーディーな展開がよかったです。(20代/男性/派遣社員/独身)
  • こういった謎解き系の海外ドラマは好きです。映像が神秘的でとても綺麗でした。スムーズに見続けることが出来ました。(30代/女性/パート・アルバイト/独身)
  • 純粋に面白いと思います。日本では作れないと思う。(30代/男性/個人事業主/既婚)

ふつう

  • シャーロックホームズの王道感を踏襲しながら新しさをすこしだけいれている(20代/男性/学生/独身)
  • シーズン1をみたときに、おもしろすぎて衝撃をうけた記憶があります。役者も非常に良いです。でも続けてシーズン2をみていくうちに、少し話の内容についていけなくなってしまいました。何度かみれば内容を理解できるのかもしれませんが・・・。そこが少し残念でした。(20代/女性/無職/独身)
  • スピーディな展開に、目を離すことができなくなります。また、シャーロックとジョンの掛け合いが面白いです。(40代/男性/正社員/既婚)

悪い

  • コナン・ドイルの原作が好きでなので期待して見ました。ベネディクト・カンバーバッチのシャーロックはかっこいいし、頭も良さそうなのですが私の持っているシャーロックのイメージとは違いすぎてなじめませんでした。ストーリーも分かりにくく面白くなかったです。(60代/女性/専業主婦(主夫)/既婚)
【アンケート概要】
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2018年04月11日~2018年04月26日
■有効回答数:300サンプル

動画は無料で見られるの?お得に見る方法はこれ!

「シャーロック」を無料で、お得に観るためには、HuluやU-nextなどの動画サービスの無料期間を利用するのがおすすめです。

無料の動画サイトでも見れないわけではないですが、以下のようなデメリットも考慮しなければなりません。

無料動画サイトをおすすめしない理由

無料サイトは違法!最悪捕まるかも

動画を違法にアップロードした人は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金、違法にアップロードされたものであることを知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役や200万円以下の罰金に処せられる可能性があります。

詐欺広告にほぼ100%ひっかかる

そもそも無料で動画を配信してくれるのはなぜでしょうか?善意の場合もあるかもしれませんが、違法の恐れがあってもアップする理由は、広告収入が目的なのです。アダルト広告やゲームの広告など、うざいくらいに出てきます。その広告を知らず知らずのうちにクリックすることにより、無料サイトの運営者はお金を得るというしくみなんです。

無料(タダ)ほど高いものはないとは、まさにこのこと。無料サイトを見る時は、くれぐれも気をつけてください!

作品を探すのが非常にめんどくさい

無料で見れる動画のリンクをクリックしても作品が消されて無かったり、掲載しているサイトを永遠にループしたりするので、見たい動画にたどり着くのが大変です。
探すことにストレスを感じたら、有料動画にした方が時間を有効活用できますよ!

「シャーロック」を配信している有料動画サービス比較

サービス 配信 シーズン
Hulu 1~3
U-NEXT 1~4
Netflix 1~3
ビデオマーケット 1~4
フジテレビオンデマンド 1・2・4
dTV 1~4
dアニメ ×
auビデオパス 1~4
Amazonプライムビデオ 1~4
動画配信サーチ
HuluやUnextなどの動画配信サービス無料比較サイト

動画配信内容の点からチェックすると、シーズン1~4までそろっている動画配信サービスを選んだほうがいいでしょう。シャーロックは基本的に一話完結ですが、宿敵モリアーティとの対決やワトソンとの友情など、大きな話の流れが丹念に描かれている魅力もあるからです。そうなると、動画配信を行っていないhuluやdアニメ配信と、シーズン4しか配信していないフジテレビオンデマンドは選択からはずれます。

残りは全て、シーズン1~4まで配信している動画配信会社です。そこで、シャーロック関連作品の状況で比較してみます。ビデオマーケットで配信されているのが「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」です。この作品はシャーロックの特別編で、イギリスとアメリカでテレビ公開されたあと、20分のボーナス映像を加えて劇場公開されました。公開は2016年ですので、シーズン4との直接的な関連はありませんが、最新作といえるでしょう。シーズン1~4まで見終わると必ずチェックしたくなる作品ですので、ビデオマーケットに登録しておくメリットはありますよね。

無料でシャーロックを見ることはできるのでしょうか。
U-NEX・Netflix・ビデオマーケット・dTV・Amazonプライムビデオでは1カ月無料で動画を視聴できるので全作品を見ることができるでしょう。なお、入会月のみ無料や30日、31日など細かいルールは各社で異なりますので、詳しくは動画配信サービスをチェックしてください。

↓↓U-NEXTで31日間無料!↓↓

シャーロックをU-NEXTで見てみる

※U-NEXTで2020年1月24日 23:59まで期間限定配信

あらすじ(※ネタバレ注意)

シャーロックは基本的に一話完結となっています。ただ、普通のテレビドラマより長時間の1時間半なので、毎回、濃厚でスリリングな動画を楽しめるでしょう。各回の話を書くとネタバレになってしまうので、ここでは大きな流れを中心にシーズンごとのあらすじを解説していきます。

【シーズン1】シャーロックとワトソンの出会いから相棒になるまで

アフガン戦争から帰還した医師ワトソンは、ロンドンでルームメイトを探していました。そこに登場したのが、ロンドンのベーカー街221Bのアパートメントにすむ自称「コンサルタント探偵」のシャーロック・ホームズ。シャーロックはワトソンを一目みただけで、ワトソンの職業、過去の経歴、性格などを言い当ててしまいます。これが2人の出会いでした。
シャーロックはレストレード警部を通じて世間を騒がしている事件などを調査しています。もともと心のなかに平穏な日常に耐えられない気持ちを抱えているワトソンは、次第にシャーロックの探偵業を手伝うようになっていきます。表面上はワトソンを軽蔑し、毒舌をあびせかけるシャーロックでしたが、事件を通じて徐々に深い友情に結ばれていくのでした。また、シーズン1では宿敵モリアーティも描かれ、シーズン2~4以降につながっていきます。

【シーズン2】シャーロックの愛する女性登場

シャーロックとワトソンは、シャーロックの兄のマイクロフトから「高名な方」に関する事件の収拾を依頼されました。依頼内容はアイリーン・アドラーという女に撮られてしまった不名誉な写真を取り返すことでしたが、やがて、事件は思いもかけぬ巨大な陰謀につながっていきます。このアイリーン・アドラーは、原作をよく知る人にとっては特別な女性です。シャーロックでは大胆な脚本で2人の関係を描いています。シーズンの最後では、再び宿敵モリアーティが登場し、衝撃の結末をむかえることになります。

【シーズン3】帰ってきたシャーロック

さまざまな解釈が可能なシーズン2の結末は、SNSなどで大きな話題となりました。その謎の回答からシーズン3がはじまります。シーズン3のメインテーマはシャーロックとワトソンの友情といっていいでしょう。ワトソンがメアリーと婚約・結婚する様子と奇妙なシャーロックの嫉妬の様子が、同時進行している事件とともに描かれます。はたして、シャーロックとワトソンの相棒関係は終わってしまうのでしょうか。さらにシャーロックを殺人者へと向かわせる事件も発生します。

【シーズン4】モリアーティ再び

決着をつけたはずのモリアーティでしたが、再び彼の関与が疑われる事件が続けて発生しました。そのため、シャーロックがベーカー街221Bに戻ってきます。シーズン4では、ワトソンとメアリーの別れ、シャーロックの隠された過去が明らかになる事件が発生します。はたしてシャーロックは「最後の問題」の謎を解けるのでしょうか。

登場人物とキャスト

シャーロック・ホームズ(俳優:ベネディクト・カンバーバッチ)

天才的な推理力で難事件を次々と解決していく探偵シャーロック・ホームズ役はベネディクト・カンバーバッチです。シャーロックにおけるベネディクト・カンバーバッチの魅力は、頭脳明晰ながら偏屈で人好きのしない新しいシャーロック・ホームズ像をつくりだしたことでしょう。その反面、子供っぽく腹を立てるところや、ワトソンがいないと寂しそうにする様子など、ピュアな心の一面を見事に表現しました。
ベネディクト・カンバーバッチといえば「スター・トレック イントゥ・ダークネス」「ブラックス・キャンダル」などに出演する人気俳優ですが、このシャーロック役がブレイクのきっかけとなりました。今では、「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」で天才数学者アラン・チューリング役など、個性的な演技が注目を集める俳優です。

ジョン・ヘイミッシュ・ワトソン(俳優: マーティン・フリーマン)

シャーロック・ホームズの助手であるジョン・ヘイミッシュ・ワトソンを演じるのはマーティン・フリーマンです。一見すると、冷静でおだやかで優しい紳士であるワトソンですが、実はアフガン戦争のトラウマを抱えています。平穏な日常に飽き足らず、死と隣り合わせのスリルを心の奥で望んでいます。シャーロックとワトソンのダブル主役に近い位置づけで製作されているため、登場シーンはとても多くあります。シャーロックとの奇妙な、しかし、心あたたまる友情はこのキャストなしでは成立しなかったといえるでしょう。

マーティン・フリーマンはテレビドラマ出身の俳優です。イギリスで社会現象となったほどのコメディドラマ「The Office」でブレイクをはたしました。その後も、サスペンスドラマ「FARGO ファーゴ」などに出演しています。映画では主役で出演した「ホビット」などが有名です。

ジム・モリアーティ(俳優:アンドリュー・スコット)

シャーロックの宿敵ジム・モリアーティを演じるのはアンドリュー・スコットです。シャーロックでは英国アカデミー賞テレビ部門助演男優賞を獲得するほど存在感を発揮し、人気俳優の仲間入りを果たしました。シャーロックに異常なシンパシーを感じており、頭脳も非常に優れています。シャーロックの動画のなかで登場シーンは決して多くありませんが、シーズンを通じて重要な場面に関係してくる登場人物です。
シャーロックで人気となったアンドリュー・スコットは、その後「007 スペクター」「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」などヒット映画に出演しました。また、舞台「ハムレット」の評価も高く、今後のさらなる活躍が期待されている俳優です。

「シャーロック」作品情報

シーズン数 4
全話数 12
監督 スティーヴン・モファット、マーク・ゲイティス
舞台 イギリス
制作局 BBC
ジャンル サスペンス/ミステリー・ヒューマンドラマ

※本ページの情報は2018年8月時点のものです。