結婚=幸せ?30代女子が人生と向き合う等身大婚活ストーリー『美人が婚活してみたら』

おたのしみ

こんにちは! 公式ライターの愛です。

今回は、現在公開中の、とあるアラ子さん作の婚活女子の本音を描いた人気コミックを『勝手にふるえてろ』の大丸明子さんが監督、お笑いコンビ・シソンヌのじろうさんが脚本を担当して映画化した『美人が婚活してみたら』をご紹介します。

『美人が婚活してみたら』あらすじ


WEBデザイナーのタカコ(黒川芽以)は人もうらやむ美人。しかし、男に恵まれず、好きになるのは既婚者ばかりで、気が付けば32歳になっていた。不毛な恋愛に疲れたタカコは結婚を決意し、婚活を始める。

個性的な男たちとの出会いを繰り返しながら、マッチングサイトで出会った園木(中村倫也)とシングルズバーで出会った矢田部(田中圭)の間で揺れ動くようになるタカコ。しかし、タカコの相談相手となっていた親友のケイコ(臼田あさ美)は実は自身の結婚生活に悩みを抱えており、結婚後の生活のことなどをまったく考えていないタカコに苛立ちを覚え、やがて、二人は激しくぶつかりあうことに――。

美人が婚活して出会ったのは、タイプの違う男性二人

この映画の主人公・タカコは、正直筆者は「安易なところがある女性だな」と感じて、物語の中盤くらいまであまり彼女に共感できなかった。

彼女は、確かに美人。ただ、美人で得をしているわけではなく、むしろ、際立つ容姿が災いして、きれいな女性と付き合いたいと思ういい加減な既婚者からつけこまれてきている感じ。そんな自分の不幸を嘆き、幸せになりたいから、もう結婚をしてしまおうと考える。

このあたりの気持ちはわからなくもないのだが、結婚すれば幸せになれるに違いない…という考え方がまず安易だなと思わずにいられなかった。(すぐそばに、結婚生活が決して楽ではなさそうな親友のケイコもいるにもかかわらず)

婚活を始めたタカコは、やがてタイプの違う二人の男性に出会う。不器用で服のセンスも今一つだけれど、謙虚で人柄のよさそうな商社マンの園木。そして、バツイチで結婚願望ナシだけれど、スマートで女性の扱いにも慣れている歯科医の矢田部。

結婚したら大事にしてくれそうな園木に好感を抱きつつも、そもそも結婚してくれるかもあやしい矢田部にときめいていくタカコ。しかし、あるとき、かつて愛した既婚者男性との思い出が蘇り、それをきっかけにいつしか迷走しはじめてしまう。

幸せを追い求める中で過去を振り返って悩んでしまう、そうした気持ちもわからなくはない。ただ、タカコは迷走する中でも矢田部と園木のそれぞれに自分の都合で頼ってしまう感じがあり、それがまた「安易だな」と共感できないところだった。特に園木に対しては、タカコ自身そんな気はなかったかもしれないが、自分の感情のままに彼を振り回した感じがあり、園木がただただ気の毒になった。

美人が婚活して見つけたのは、他でもない自分自身

結婚を安易に考えていることを親友のケイコ(臼田あさ美)からも怒られて迷走するうちに、タカコは否応なくつらいものを見なくてはいけなくなる。それは、とてもくだらないちっぽけな自分自身。

結婚した後に待っているに違いない結婚生活の厳しさや忍耐などを何も考えず、結婚すれば幸せになれると楽観視して、もしかしたら、自分は美人だからその気になって婚活すればすぐにいい男と結婚できるかも…ともなんとなく思っていたかもしれないタカコ。そうした人生や恋愛、結婚に対する軽率な考え方も含めて、彼女は婚活を通して自分自身と向き合うことになる。

物語の終盤、本当につらく苦しい思いをしながらも、等身大の自分と向き合っていこうとするタカコの姿を見たとき、やっと彼女に共感することができた。ちっぽけな自分を思い知らされ、悲しむしかない、あがくしかない、でも、それでも生きていこうとする彼女を見て、「つらいと思う。でも、がんばろう」と、応援したくなった。

美人が婚活してみたら、彼女がそこで見つけたのは他でもない自分自身だった。

一番欲しいものを手に入れるためには、一番みっともない自分と向き合わないといけない。人生ってそんなものなのかもしれない。

余談になるが、この作品は、タカコが婚活の相手とデートするシーンなど、いくつかの場面でお寿司が小道具として非常に効果的に使われていたのが印象に残った。お寿司を食べるタカコの姿を通して彼女の心境の変化が伝わってきて、タカコの寿司をつまむ姿につられて、とてもお寿司が食べたくなる、そんな映画でもあった。

結婚もしたいし、幸せになりたいけど、生きていくのは大変。だからこそ、つらいときはちょっと贅沢してお寿司を食べて元気になれたらいいのかもしれない。人は人生が続くかぎりちっぽけな自分と向き合っていかないといけないのだから。

田下愛
ライター:田下愛
映画と文房具、音楽を愛するライター。取材、インタビューなど多忙な仕事に奮闘中。趣味はヴァイオリン。

上映中の劇場を探す(公式サイト)