U-NEXTの月額料金や支払い方法は?お得に動画を楽しもう!

U-NEXT

動画配信サービスの「U-NEXT」は、家でも外でも最新の動画が楽しめる人気サービスであり、利用してみたいと思う人も多いのではないでしょうか。サービスを利用するにあたり、まず気になるのが「料金システム」や「支払い方法」でしょう。月額どの程度の料金なのか、他のサービスと比べてどうなのか、気になる点もあるかと思います。

また、初めて利用する人に対し、U-NEXTでは31日間の無料トライアル期間があります。この無料期間を使えば、U-NEXTがどのようなサービスなのか、ある程度知ることもできるでしょう。

この記事では、U-NEXTの気になる料金体系やシステム、無料トライアル期間の利用方法などについて詳しく紹介します。

無料で31日間動画を楽しむ↓

無料でU-NEXTを始めるならこちら

※無料期間のみの利用も可。解約は簡単

U-NEXTの特徴

U-NEXTは、簡単にいうと日本最大級の動画配信サービスです。配信されている動画数が他社と比べると群を抜いて多いため、自分の見たい動画をきっと見つけることができるでしょう。しかも、視聴にあたっては毎月ポイントが付与されるため、新作映画も無料で視聴できたり映画の引換券などと交換もできたりします。

また、U-NEXTは動画だけではなく、漫画や雑誌も読み放題といった独自のサービスもあります。新作映画をいち早く楽しみたい、動画だけではなく漫画や書籍も見たい人にもピッタリです。また複数のデバイスを使って、何人かがそれぞれの動画を楽しむといった使い方も可能なので、家族で動画を楽しみたい人にも、U-NEXTはおすすめのサービスです。

U-NEXTの基本料金は2種類

U-NEXTの基本料金には「2種類のコース」があります。ここからは、それぞれのコースがどういったものなのか、詳しく見ていきましょう。

ビデオ見放題サービス

まず定番のコースとして「ビデオ見放題サービス」があります。

これは、月額料金1990円(税抜)となっており、見放題作品に指定されている動画の視聴や、雑誌読み放題サービスの利用ができます。

ちなみに、動画の見放題作品は約9万本も用意されており、これだけでも十分楽しめるサービスといえるでしょう。そのうえで、読み放題の雑誌もあり、そのジャンルは女性誌、男性誌、週刊誌、ビジネス誌、グルメ、エンタメ、スポーツなど、実に70誌以上もの雑誌が楽しめます。また、雑誌だけに限らず、漫画も読み放題に指定されているものが多種多様に用意されています。

しかも、ビデオ見放題サービスには毎月1200円分のポイントが付与されます。ポイントは1ポイント1円であり、毎月1200円分の有料作品を楽しめるようになっているのです。このように、動画や電子書籍などが、毎月1200円分追加料金なしで楽しめることになるため、月額料金は実質790円だと考えることができます。

ビデオ見放題サービス1490

U-NEXTには人気定番コースの「ビデオ見放題サービス」の他に、もう1つ「ビデオ見放題サービス1490」もあります。このサービスは名前の通り、月額料金が1490円(税抜)で利用できるサービスです。先に紹介した「ビデオ見放題サービス」のコースよりも500円ほど安いですが、実はあまりおすすめできません。

この「ビデオ見放題サービス1490」ですが、見放題サービスと同様に見放題作品およそ9万作品の視聴、雑誌読み放題サービスの利用ができます。雑誌も同じように、女性誌、男性誌、週刊誌、ビジネス誌、グルメ、エンタメ、スポーツなどあらゆるジャンルが読み放題です。しかし、ビデオ見放題サービスとは違い、ポイントサービスはありません。しかも、1年以内に解約をすると、5000円(税抜)の違約金が発生してしまうのです。

つまり、月額料金はビデオ見放題サービスと比較して多少安くなるものの、「ポイント付与がない」「解約違約金のペナルティ」といったデメリットがあるため、あまりおすすめできないのです。

確実に「1年間以上使う」という意思がある人であれば向いていますが、有料作品を視聴するたびにお金がかかる欠点もあります。ちなみに、ビデオ見放題サービスなら無料トライアル期間があります。U-NEXTではそれを実際に試してから「ビデオ見放題サービス1490」に移行することも可能です。

まずは、ビデオ見放題サービスの無料トライアルを利用し、その後どちらのコースにすべきか選択すると良いでしょう。

U-NEXTで追加料金を払って利用できるサービスは?

U-NEXTは、基本料金を支払うだけでも十分に楽しめるサービスです。しかし各オプションも用意されており、自分の意志で追加することもできます。ここからは、オプションサービスに興味がある人のために、各サービスの詳しい内容を紹介します。

対象作品のレンタル・購入

U-NEXTには月額料金だけで見放題になる作品の他に、都度、追加で料金が必要な有料作品があります。
有料作品の中には、「レンタル」と「購入」の2種があります。レンタル作品には視聴期限があり、購入作品には視聴期限がありません。

ただ、アカウントを削除した場合は、レンタル作品だけではなく、購入作品も視聴できなくなるので注意しましょう。レンタル作品は、全ジャンルで約5万本以上もあります。以下は各ジャンルにおけるレンタル作品の詳細です。

ジャンル 作品数 レンタル価格
洋画・邦画 1500作品以上 400円(税抜)~500円(税抜)程度
海外・国内ドラマ 680作品以上 300円(税抜)~500円(税抜)程度
アニメ 210作品以上 200円(税抜)~300円(税抜)程度

見放題作品とレンタル作品の見分け方としては、動画を選択し、詳細ページを開くと小さく書かれている「Uコイン(ポイント)」や「見放題」が目印となります。

また、見放題は再生を押すとそのまま視聴できますが、Uコインは再生ボタンをクリックすると「レンタル・購入画面」に進み、そこで購入手続きを行うことにより動画を視聴することになります。こうした手続きを挟む必要があるため「気づかないうちに課金してしまい請求書を見て驚愕」ということはないでしょう。

NHKオンデマンド

U-NEXTは「NHKオンデマンド」が楽しめます。NHKオンデマンドはU-NEXT内だけにあるサービスではなく、それ単体で存在するサービスです。しかし、「U-NEXT経由」で登録することにより、価格的に得をするのです。

後で詳しく説明しますが、このNHKオンデマンドはU-NEXTを介して利用することにより、実質無料で使うことができます。そのため、NHKの番組が好きな人であれば、登録をして損はありません。

まずは、NHKオンデマンドのコースについて詳しく見ていきましょう。このサービスは「NHK見逃し見放題パック」と「NHK特選見放題パック」の2つのコースがあります。

まず、「NHK見逃し見放題パック」は月額900円(税抜)で利用ができ、NHK総合、Eテレ、BS1、BSプレミアムで放送している番組や、放送後約2週間以内の大河ドラマや連続テレビ小説などが見放題となっています。配信数は約500~600本、一部の番組を除く、放送から約14日間のニュース番組が1週間視聴できます。

そして「NHK特選見放題パック」も月額900円(税抜)で利用ができ、こちらは過去に放送された作品から、厳選された大河ドラマや連続テレビ小説、ドキュメンタリ-番組などが見放題となっています。配信数は約5000本もあり、配信期間中は何度でも視聴することができます。

両者の違いをもう少し分かりやすくいうと、「NHK見逃し見放題パック」は、現在放送中の朝ドラが違う時間に見られるサービスです。放送中の朝ドラが観たいが、リアルタイムで観られないので帰宅後に観たいといった人におすすめです。

そして「NHK特選見放題パック」は、去年に放送していた朝ドラを観たいという人におすすめです。視聴したいNHKの番組に合わせて、どちらかを選択すると良いでしょう。

SMART USEN

SMART USENは、音楽が聴き放題になるU-NEXT内にあるサービスです。月額料金490円(税抜)が発生するものの、毎月600円分のポイントが付与され、無料トライアル期間もあります。

もらえるポイントですが、その月に利用があったかどうかで翌月付与されるポイント数が変わります。例えば、今月は忙しくて1曲も聴けなかったという場合なら、翌月のポイント付与数はマックスの600ポイントがもらえるのです。そのため、忙しくて利用状況にムラがあるといった場合でも、損をすることがありません。

SMART USENは「音楽ラジオ」であるため、好きな音楽を好きな時に聞けるというものではありません。それでも、1000ch以上の音楽が聴き放題となり、映画、アニメの主題歌や挿入歌などの音楽の映像も楽しめるでしょう。SMART USENは、単体での契約をすることも可能です。また、付与された600円相当のポイントは、U-NEXTにおける動画や漫画の購入にあてることもできます。

しかし、U-NEXT無関係にSMART USENのみで加入すると、無料お試し期間は3日間しかありません。SMART USENに興味があるなら、U-NEXTと同時に申し込む方が断然お得でしょう。

無料でU-NEXTを始めるならこちら

 

U-NEXTは料金の支払い方法も豊富

U-NEXTにおける料金の締め日と発生は「毎月1日」です。ただ、実際の支払日は登録している支払い方法によって異なります。U-NEXTは料金の支払い方法が豊富に用意されているので、自分に合った支払い方法を選ぶことができます。ここからは、U-NEXTの豊富な支払い方法について見ていきましょう。

クレジットカード払い

U-NEXTでの代表的な支払方法として「クレジットカード」があります。利用できるカードブランドは、Visa・Master Card ・JCB ・アメリカンエキスプレス ・ ダイナースクラブカード、となっています。つまり、国内で使われている主要のクレジットカードなら対応可能なので、使えないカードはないといってよいでしょう。

しかし、「デビットカード」に関しては使用出来ません。デビットカードは、利用したその瞬間に口座からお金が引き落とされる仕組みです。そのため、万が一決済時の口座にお金が残っていないと、支払いができないといったトラブルが発生します。このように、デビットカードは月額料金サービスなどにおいてトラブルが起きやすいため、対応ができないのです。

キャリア決済

U-NEXTは、携帯会社の各種キャリア決済にも対応しています。まず、「ドコモケータイ払い」はドコモ端末であるスマートフォンやタブレット、そしてパソコンからドコモケータイ払いで支払うことができます。

そして「auかんたん決済」も、au端末のスマートフォン・タブレット、パソコンからauかんたん決済で支払いが可能です。

「ソフトバンクまとめて払い」と「ワイモバイルまとめて払い」は、ソフトバンク端末のスマートフォンやタブレット、パソコンからも、ソフトバンクまとめて払い・ワイモバイルまとめて払いで支払うことができます。

ただし、キャリア決済ができるのは「新規会員のみ」に限ります。例えば、U-NEXTへ入会時にクレジットカード払いを選択したのに、途中からキャリア決済へ支払い方法を変更することはできないのです。また、キャリア決済は、サービスサイトから利用をすると、ポイントチャージができるというメリットもあります。

AMAZON.CO.JPでの支払い

U-NEXTは、Amazon Fire TV・Amazon TV Stickなどを利用して視聴することも可能です。Amazonを経由してU-NEXTを利用する場合、Amazon社が定める規定の支払い方法となります。例えば、Amazonの利用料金を普段からクレジットカードで支払っている場合、U-NEXTの利用料金もカード払いになります。

ただ、Amazonを介してU-NEXTを利用する場合、「子カウントの購入制限」をつけることはできません。これは、子カウントが有料レンタル動画を購入できないようにする設定です。子供がU-NEXTを利用する場合は、アマゾンを介さず、単独で契約を結んだほうが安心でしょう。

U-NEXTカード・ギフトコードでの支払い

U-NEXTは「U-NEXTカード」および「U-NEXTギフトコード」で支払いをすることもできます。いずれもコンビニなどで購入が可能であり、これらを買うことでU-NEXT料金を前払いすることができます。

U-NEXTカード、およびギフトコードをおすすめしたい人は、「クレジットカードがない人や、使いたくない人」「ギフトとして購入したい人」「すでにU-NEXTに登録しており、ポイントを追加購入したい人」です。

ただ、U-NEXTカードやギフトコードでの支払いは、「無料トライアルの利用ができない」というデメリットがあります。そのため、無料トライアルを希望する人は、この支払方法を選択してはいけません。U-NEXTカードおよびギフトコードは全部で8種類、見放題の有無などにより、価格には違いがあります。

U-NEXTカードとギフトカードの違いは?

U-NEXTカードとギフトコードの違いは、「カードという実態のあるもの」と「ネット上でのコード(数字など)」との違いです。

例えば、友人にプレゼントをするのなら、カードを購入して渡してあげたほうが、プレゼントらしいということもあるでしょう。しかし、基本的に使い方は一緒です。そのため、どっちにしようか迷ったときは、自分が使いやすい店舗にあるか、もしくは、カードの形でほしいかどうか、それを判断基準にすると良いでしょう。

各種取り扱い店舗についてはこのあと紹介しますが、特にこだわりがない場合は「カードかコードか」はどちらでもいいです。自分が扱いやすい方を選択して下さい。

8種のうちどれを選ぶか

U-NEXTカードとギフトコードは、全部で8種類存在します。それぞれの価格やポイント数は、以下の通りです。

種類 見放題の有無 ポイント数 価格
30日間見放題+ 1,200ポイント カード 30日間 カード 30日間  1200ポイント 1990円(税抜)
30日間見放題+1080ポイント カード カード 30日間 1080ポイント 1990円(税抜)
30日間見放題ギフトコード コード コード 30日間  1200ポイント 1990円(税抜)
7日間放題ギフトコード コード  7日間  540ポイント 980円(税抜)
バリアブルカード カード なし 540~50000ポイント 540円(税抜)~50000円(税抜)
3000ポイントカード カード なし 3000ポイント 3000円(税抜)
3000ポイントギフトコード コード なし 3000ポイント 3000円(税抜)
5000ポイントギフトコード コード なし 5000ポイント 5000円(税抜)

U-NEXTカードとギフトコードにおける見放題は、基本的に30日間となっています。しかし、ギフトコードにのみ「7日間見放題」のものがあります。とりあえず、1週間だけじっくり動画を見たい、という人は、7日間放題ギフトコードを選ぶと良いでしょう。

そして「ポイントのみ」のU-NEXTカード、ギフトコードについては、U-NEXTカードにのみ540ポイント~50,000ポイントの間でポイント数を選べる「バリアブルカード」があります。その他のコードに関しては、「3000円分か5000円分か」で選ぶことができます。

それぞれの取扱店舗は次のようになります。
【U-NEXTカード】

  • ファミリーマート
  • ヤマダ電機
  • ヨドバシカメラ
  • ビックカメラグループ
  • エディオングループ
  • ドン・キホーテ
  • 東海キヨスク

【U-NEXTコード】

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ミニストップ
  • デイリーヤマザキ

まず「U-NEXTカード」を販売している店舗は、大型家電量販店などを中心に売られていることが多いです。

U-NEXTコードは、上記4つのコンビニで売られています。コンビニ購入の場合は、マルチコピー機やLoppi、プリ太など、各店舗に設置されたチケット発券機で購入が可能です。さらにU-NEXTコードは以下の「インターネット上のデジタルギフト販売サイト」で購入することもできます。

  • Giftee
  • Kiigo

GifteeとKiigoでは、見放題ギフトコードである「30日間見放題+1200ポイント」と、ポイントギフトコード「3000ポイント」のみ購入可能です。

無料でU-NEXTを始めるならこちら

 

U-NEXTの基本料金内でできること

U-NEXTの「見放題サービス」は、動画における見放題作品の視聴や、雑誌や漫画の読み放題が利用できます。ここからは、それらのサービスについて詳しく見ていきましょう。

数多くの見放題作品が視聴できる

U-NEXTの見放題コースでは、なんと約9万本の動画視聴ができます。これは、他社と比べると非常に多い配信数であり、「ないエンタメがない」というU-NEXTのキャッチコピーにふさわしい配信数になっています。

それぞれのジャンル別に作品数を見ていくと、まず、映画(洋画・邦画)の見放題作品は6500作品以上、海外テレビドラマは540作品以上、韓流・アジアドラマは740作品以上、国内ドラマは570作品以上となっています。そして、子供から大人まで楽しめるアニメは2100作品以上、キッズは840作品以上、お笑いやアダルト作品、趣味、スポーツなど様々なジャンルの「その他作品」なら15000以上もの見放題作品を視聴することができます。

気になる雑誌が読み放題

U-NEXTの見放題コースは、動画に限らず「70種類以上の雑誌」が読み放題です。ジャンルは、女性誌、男性誌、週刊誌、ビジネス誌、グルメ、エンタメ、スポーツなど、ありとあらゆるジャンルの雑誌が読めるサービスとなっています。

読み放題の雑誌を読む方法は2つあります。まずは「アプリで読む」方法です。スマホやタブレットで読む場合は、「Book Place Readerアプリ」をインストールしましょう。その後U-NEXTのアカウント(ID・パスワード)でログインし、下の部分にある「読み放題」をクリックすることで、好みの雑誌を好きなだけ読むことができます。

もう1つは「パソコンから読む」方法です。ブラウザから読む場合は、「Book Place Reader」からログインし、メニューにある「雑誌」をクリックします。雑誌は各ジャンルに分かれているので検索がしやすく、雑誌名を入力して選ぶこともできます。

U-NEXTで毎月もらえる1200ポイントは何に使える?

U-NEXTのビデオ見放題サービスに登録して月額料金を支払うと、毎月「1200円分のポイント」が付与されます。ここからは、そのポイントの使い道について詳しくみていきましょう。

有料レンタル作品の視聴に使える

U-NEXTポイントが一番使われている方法として、「有料レンタル作品の購入」があります。ポイントを使えば、新作映画も見逃し配信も、両方楽しむことができるのです。必要ポイント数は、作品によって違いがあります。平均的に見ると、新作映画は約500円(税抜)程度、アニメ作品であれば約300円(税抜)程度のレンタル料金となっています。そのため、1200円分のポイントがあれば、月に2~4本程度のレンタル作品を視聴することができるでしょう。

U-NEXTは、洋画や邦画、アニメなどにおける「新作作品の配信が早い」ことに定評があります。しかも、配信数が多いため、見逃してしまった作品があった場合も高い確率で見つけることができるでしょう。ビデオ見放題サービスに登録をしておけば、実質1200円分のポイントで有料動画の追加料金をカバーできることも多いため、非常にお得です。

人気漫画や最新書籍の購入に使える

月々のポイントは、人気漫画や最新書籍の「電子書籍を購入する」という使い方もできます。例えば、漫画の電子書籍の場合、1冊あたり400円台~500円台で売られていることが多いです。そのため、1200ポイントあれば、2~3冊程度の漫画を購入することができるでしょう。漫画は作品の種類が豊富であり、「ワンピース」や「ハイキュー」、「転生したらスライムだった件」など、話題の人気作品も漏れなく購入することができます。動画だけでなく、漫画も好きな人にとっては、毎月のポイントを漫画購入に充てることもできるので、非常にメリットが高いです。

映画チケットの割引に使える

U-NEXTポイントは「映画の割引チケットに交換する」ということも可能です。動画配信サービスは便利なものの、大好きな映画は「映画館で観たい」ということもあるでしょう。そんなとき、ポイントを映画チケットの割引券に交換すれば、お得に映画を鑑賞することもできます。

割引チケット交換に対応している劇場は、全国の「イオンシネマ」「松竹マルチプレックスシアターズ」「109シネマズ」「ユナイテッドシネマ」そして「なんばパークスシネマ」「大阪ステーションシネマ」などです。

また、オンラインチケット予約のKINEZOに登録すると「ポイントでチケットの購入」をすることも可能です。ただ、発券したチケットの有効期限は10日間なので、有効期限内に使用する必要があります。

NHKオンデマンドの基本利用料金に使用できる

U-NEXTポイントを「NHKオンデマンドの基本利用料金に使用する」という方法もあります。NHKオンデマンドには、NHK見逃し見放題パック・NKH特選見放題パックの2種類がありますが、月額料金はいずれも900円(税抜)です。つまり、付与される1200円分のポイントを使えば、追加で料金を支払うことなくNHKオンデマンドを利用することができるのです。

NHKオンデマンドに登録している場合、毎月1日に保有しているポイントで、月額料金は自動更新されます。ビデオ見放題サービスを契約している場合は、毎月付与される1200ポイントを使って実質0円で利用することができるでしょう。

ちなみに「NHK見逃し見放題パック」と「NHK特選見放題パック」の2つを同時契約し、合計した月額料金が1800円(税抜)という場合もあるでしょう。そのようなときは、毎月付与されるポイント1200円分を使い、不足分である600円は別途支払うことで、契約が自動更新されます。

U-NEXTを料金0円で利用できる無料トライアルとは?

U-NEXTに登録をすると、初回に限り「31日間の無料トライアル」が利用できます。つまり、登録からおよそ1カ月間は料金0円でビデオ見放題サービスを利用することができるのです。非常にお得なサービスですが、無料トライアル期間にはいくつかの注意点もあります。ここからは、無料トライアルの特典や注意点について見ていきましょう。

無料トライアルの特典内容

無料トライアル期間内に見ることのできる動画は、「ビデオ見放題サービス」の内容と同じです。通常1990円(税抜)の利用が対象となり、およそ9万本もの動画が見放題となります。

また、トライアル期間中の特典として、600円分のポイントがもらえます。これにより、有料作品の最新作などもポイントを使って視聴することができるので、とてもお得です。

タダで利用ができるうえ、600円分のポイントがもらえるという非常にメリットの高いサービスです。気になっている動画作品があるが、お金をかけたくないという場合も、無料トライアルを利用すると無料で楽しめます。また、無料トライアル期間のポイントは600円分ですが、翌月自動更新してからは、1200円分のポイントが付与されます。

無料トライアル期間は、申し込み日を1日目として、31日目までがトライアル期間となります。当然ながら、トライアル期間中に解約をしても、解約金などの料金は発生しません。約9万本もの見放題作品が、期間中であれば0円で視聴できるので、たくさん作品を見たいという人にも嬉しいサービスでしょう。

無料トライアルで気をつけたい3つの注意点

とてもメリットの多い無料トライアルですが、実は3つの注意点があります。まず、「無料トライアル期間を過ぎると月額料金がかかる」という点です。無料トライアルに登録して31日が経過すると、月額料金の1990円(税抜)が自動的に引き落とされてしまいます。有料会員にならない場合は、無料期間中に解約手続きを行いましょう。

2つ目は「解約をした瞬間から利用ができなくなる」という点です。無料トライアルは、解約をした瞬間から見放題作品の視聴ができなくなります。

たとえ途中まで見た映画があったとしても、解約をした時点で視聴はできないのです。まだ作品を楽しみたいという場合は、期間ぎりぎりに解約をする必要があるでしょう。ちなみに、無料トライアルの解約をしても、U-NEXTポイントは期限まで利用することができます。付与されたポイントは90日間、チャージしたポイントは180日間が有効期限です。

最後に「1度解約して次回登録した場合は有料会員になる」ということを覚えておきましょう。トライアル期間は、1人につき1回しか利用できません。たとえトライアル期間を間違えて1日で解約してしまった場合でも、次回登録をした際にははじめから「有料会員」となるのです。このようなことがないよう、1度しかないトライアル期間は、慎重にじっくりと楽しむことがおすすめです。

無料でU-NEXTを始めるならこちら

 

U-NEXTの無料トライアルの登録方法と解約方法

ここからは、U-NEXTの無料トライアルの登録方法と解約方法について紹介します。どちらも、基本的にU-NEXTの設定画面から簡単に手続きをすることができます。

無料トライアル登録方法

1.U-NEXTのサイトにアクセスし、「31日間無料」と表示されているオレンジ色のボタンをクリックする。

2.「まずは無料で始めてみよう」と表示されたページの「次へ」をクリックする。

3.「お客様情報の入力」ページで、「氏名」「生年月日」「性別」「メールアドレス」「パスワード」「電話番号」をそれぞれ入力し、「次へ」ボタンをクリックする。


4.クレジットカード情報を入力する。しかし、カード以外の支払い方法を選択する場合は、各種専用サイトから登録をする必要がある。

5.入力情報を確認、「送信」をクリックすると、「登録ありがとうございました」という画面に移り登録が完了する。
U-NEXTの無料トライアルに登録する方法は、基本的に画面の指示に沿って行えば良いので簡単です。

ただ、間違ったメールアドレスを入力してしまうと、登録をしてもログインすることができません。メールアドレスは、ログインIDとしても活用することができるので、普段から使っているアドレスを間違えないように入力しましょう。

無料トライアル解約方法

1.U-NEXTのサイトにアクセスし、「設定」から、お客様サポート画面へと移動する。

2.契約状況が表示されるため、「サービスのお手続き」をクリックする。

3.ビデオ見放題サービス欄に表示されている「解約」ボタンをクリックする。

4.確認画面が表示されるため、「次へ」をクリックする。

5.解約に関する簡単なアンケートが表示されるため、回答して「次へ」をクリックする。

6.解約が完了する。

U-NEXTは、解約方法も比較的簡単にできますが、画面が切り替わるごとに「本当に解約しますか?」といった表示が出ます。一度解約してしまうと、残っているポイントも気づかないうちに期限切れを迎えてしまう、といったトラブルも起こります。解約の際は、本当に手続きを行って良いのか、慎重に考えて行うようにしましょう。

U-NEXTの豊富なサービスを料金0円でまずは試してみよう!

U-NEXTの料金は、他のサイトに比べると、やや高めに感じる人もいるかもしれません。しかし、今回の記事で紹介したように、U-NEXTは国内最大級の動画配信サービスであり、ここならではのサービスがたくさんあります。毎月付与されるポイント還元も非常にメリットが大きく、トータル的にみたコストはそれほど高くはないでしょう。

また、動画配信サービスは支払い方法が限られていることも多いのですが、U-NEXTなら自分にあった支払い方法を豊富な選択肢の中から選択することができます。

少しでもU-NEXTに興味があるのなら、料金0円で利用できるU-NEXTの無料トライアルを気軽に試してみてはいかがでしょうか。

無料で31日間動画を楽しむ↓

無料でU-NEXTを始めるならこちら

※無料期間のみの利用も可。解約は簡単